どんなヨガがあるの?種類・流派についてまとめてみました!

ヨガの代表的な流派

原点となる主要なヨガで、どの道も最終的にはブラフマンとの合一を目指している。

カルマ・ヨーガ(Karma Yoga)・・・行動のヨガ
【目的】 利益や報酬を求めず無私の心で行動し、それを神に捧げることによりエゴを昇華させる。
【実践法】 マントラを唱え精神集中する
【向いている人】 奉仕活動の従事者
バクティ・ヨーガ(Bhakti Yoga)・・・信愛のヨガ
【目的】 祈り、崇拝、儀式を通じて自分を神に捧げ、自分の感情を愛や献身に向かわせる。
【実践法】 神を称える言葉を詠唱する
【向いている人】
ジニャーナ・ヨーガ(Jnana Yoga)・・・知識のヨガ
【目的】 無私の心と神への愛、強い心と体を以て、真我実現や神との合一を目指す。
【実践法】 ヴェーダーンタ哲学に則り、自らの心で自己を観察する
【向いている人】 スピリチュアル、哲学的なものを求める人
ラージャ・ヨーガ(Raja Yoga)・・・心身制御のヨガ
【目的】 精神と肉体のエネルギーを霊的エネルギーに転じることで思考の波を制する。
【実践法】 ヨーガ・スートラでパタンジャリがあげている八項目を実践する
【向いている人】 上級者
タントラ・ヨーガ(Tantra Yoga)・・・共鳴のヨガ
【目的】 チャクラと呼ばれる人の体の中心にあるエネルギーの出入り口を意識し心身の力を引き出す
【実践法】 基本的には男女一組で行われるヨガ。瞑想、禁欲主義、祭儀なども取り入れている
【向いている人】
ハタ・ヨーガ(Hatha Yoga)・・・ポーズと呼吸のヨガ
【目的】 ポーズや呼吸法を、心や身体を動かす原動力であるという基本的な考えの下に、コントロールして調和させるヨガ
【実践法】 呼吸を意識したアーサナの実践
【向いている人】 初心者〜
マントラ・ヨーガ(Mantra Yoga)・・・真言のヨガ
【目的】 唱えるマントラの音と振動によって、身体と魂を浄化させ、その個人が必要とする「チャクラ(体内に点在する心理エネルギーの中心部)」を目覚めさせる
【実践法】 マントラを唱える(一般的にサンスクリット語)
【向いている人】 集中力を高めたい人
クンダリニー・ヨーガ(Kundalini Yoga)・・・火の呼吸のヨガ
【目的】 「ムーラーダーラ」に存在する「クンダリーニ」を、順番に引き出す(別名:ラヤヨガ)
【実践法】 上級者向け。火の呼吸で酸素を急激に取り入れ毛細血管まで循環させる
【向いている人】 上級者、スポーツ選手

ハタ・ヨーガを元に発展したヨガ

アイアンガー・ヨーガ(Iyengar Yoga)・・・瞑想のヨガ
【目的】 自分の内面に深く向き合い、集中力や心の安定調和を目指す
【実践法】 道具などを使い、できるだけ楽な姿勢で、キープを長めにポーズをとる
【向いている人】 妊婦、初心者、高齢者、リハビリ目的の人
アシュタンガ・ヨーガ(Ashtanga Yoga)・・・8階梯のヨガ
【目的】 8支則を理解し実践することで、解脱を目指す
【実践法】 8支則を理解し実践する
【向いている人】 中級者〜
インテグラル・ヨーガ(Integral Yoga)・・・総合のヨガ
【目的】 人間が本来持っている自然治癒力を高め、心身ともに美しいライフスタイルにしていく。
【実践法】 ハタヨガをベースにした総合的なスタイルのヨガ「呼吸法」「アサナ(姿勢)」「瞑想」
【向いている人】 ダイエット、リラクゼーションを目的としている人
サティヤナンダ・ヨーガ(Satyananda Yoga)・・・自我の目覚めのヨガ
【目的】 滞りのない「エネルギーの流動」を意識した、主要なヨガの基本で構成されたエクササイズを行うことで精神面と肉体面へ働きかける
【実践法】 アサナ(ポーズ)、プラーナヤーマ(呼吸法)、心の平静と集中を促す瞑想を実践
【向いている人】 精神鍛錬、リラグゼーションを求める人
シバナンダ・ヨーガ(Sivananda Yoga)・・・癒しのヨガ
【目的】 チャクラの柔軟性、体と心の健康を促進、精神状態の安定、スピリチュアリティを高める
【実践法】 2種の呼吸法(プラナヤマ)、太陽礼拝、12ポーズ、瞑想で構成されたものを実践
【向いている人】 初心者〜上級者
パワー・ヨーガ(Power Yoga)・・・現代のヨガ
【目的】 短期間での肉体改造、高いダイエット効果、精神集中
【実践法】 アシュタンガヨガをベースとしたアーサナをとる
【向いている人】 初心者〜
ビクラム・ヨーガ(Bikram Yoga)・・・ホットヨガ
【目的】 収縮しがちな筋肉を柔軟にする効果が増し、より正確なポーズを取りやすくする。ダイエット、美容効果
【実践法】 室温40℃前後~50℃前後、湿度約60%の環境を設定し、2種類の呼吸法と26種類の「ハタヨガ」のポーズ(アーサナ)を組み合わせて行う
【向いている人】 アンチエイジングを求める人(ただし、体内乾燥に注意)
ヴィニ・ヨーガ(Vini Yoga)・・・心身制御のヨガ
【目的】失われたバランスを補う、ヒーリングや癒し効果、心身上の悩みを解決
【実践法】 「姿勢」「呼吸法」「瞑想」「礼拝」「読経」などを体調や精神状態等、各個人のコンディションに見合い構成
【向いている人】 精神鍛錬を求める人

その他のヨガ

現代人のライフスタイルに合わせて考案されたヨガなど

アヌサラ・ヨーガ(Anusara Yoga)・・・引き出すヨガ
【目的】 解剖学や生理学をベースに、体になるべく負担をかけず、身体に本来備わっている潜在能力やパワーを最大限引き出す
【実践法】 アイアンガー・ヨガをアレンジした現代的なスタイルのアーサナを実践
【向いている人】 初心者、高齢者、リハビリが必要な人
イシュタ・ヨーガ(Ishta Yoga)・・・個人のヨガ
【目的】 呼吸を意識しながら、身体のストレッチで柔軟性を高めて、ダイナミックなポーズで筋力アップ、また瞑想でリラックスし、心のバランスを整える
【実践法】 呼吸→ポーズ→瞑想
【向いている人】 初心者〜
クリヤ・ヨーガ(Kriya Yoga)・・・特定の行法による神との合一
【目的】 不明
【実践法】 不明
【向いている人】 不明
クリパル・ヨーガ(Kuripal Yoga)・・・心と体の調和を図るヨガ
【目的】 姿勢により導き出される「あるがままの自分の内面」を深く理解する
【実践法】 パワーをコントロールしながら、無理のない自然で安定したポーズと、呼吸をゆっくり行う
【向いている人】 初心者〜
ハリウッド・ヨーガ(Hollywood Yoga)・・・エアロビ風ヨガ
【目的】 美と健康を意識したエクササイズでダイエットやメンタルケアなど
【実践法】 音楽に合わせて行う
【向いている人】 初心者〜
ヴィンヤサ・ヨーガ(Vinyasa Yoga)・・・呼吸と姿勢の連動
【目的】 骨盤や筋肉を強化して、身体を支える部分のバランスをコントロールする事により、理想のボディライン作りやダイエットに効果をもたらす。アンチエイジング、リラックス
【実践法】 太陽礼拝をベースに呼吸と姿勢を連動させて行う
【向いている人】 “ダイエット、セラピー、アンチエイジングが目的の人”
マタニティ・ヨーガ(Matanity Yoga)・・・妊婦のヨガ
【目的】 出産前後の「心と体の安定」を目指す。妊娠中の健康促進、出産に備えての呼吸調整、出産に備えての呼吸調整
【実践法】 呼吸に合わせ、無理のないポーズを穏やかに行う
【向いている人】 妊婦
ラフティー・ヨーガ(Laughty Yoga)・・・笑うヨガ
【目的】身体の免疫機能を強化しストレスを解消
【実践法】 ヨガを笑いながら行う
【向いている人】 メンタルケア
リストラティブ・ヨーガ(Restorative Yoga)・・・心身制御のヨガ
【目的】心身の回復と深いリラクゼーション
【実践法】 道具などを使用し、体に無理のないようにポーズをおこなう
【向いている人】 妊婦、高齢者、更年期障害、セラピーを必要とする人