藍染ワークショップに参加したらやっぱり面白かった!

image
塩と少しのお水を足して藍の生葉をひたすらモミモミ。

桜坂にあるanheloという子供服のお店で、リネンファッションnu°のスタッフさんが来られて藍染ワークショップが行われました。

火を使わないのが藍染の良いところ。

ただ、多年草ではないというのと、そこら辺に自生していないこと、生葉を使う場合は染められる時期が限られていることなどを考えると、なかなか葉を手に入れるのは簡単ではないので、自分で育てたいなぁと思っているところです。

image
淡いブルーになりました!

みんなでモミモミしてキレイに染め上げた手ぬぐい、とても気に入りました(*^o^*)

 

次は何を染めようかな??

黒豆で草木染め

image
ガーゼを買ってきて染めました。

昨日から雨が上がってお天気も良くなったので、朝から黒豆を煮て、その煮汁で染物をしました。

被染物 73.5g
黒豆250g
ミョウバン5.88g
食酢7ml
水1.5ℓ

染める前に布を染まりやすくするために精錬(布に付いている汚れや不純物を洗って取り除いたり、綿などの植物性繊維は豆汁などに浸してタンパク質処理をしたりする)という下処理をした上で、作った染料と媒染液で交互に煮て染めていきます。

時間のない忙しい主婦にとっては、こんな面倒なことはしたくない!って感じですが、今のところ染めたい好奇心の方が勝っているのか、またまた挑戦してみました。

今回はまぁまぁきれいな紫色に染まりました。

次回はもっと素敵な模様にしたいなぁー。

image
染め上がった布をヨガマットに見立て遊ぶこうねさん

↓オマケ

草木染めに挑戦

image
スギナを煮出したものと、綿のような植物性繊維は染まりにくいので豆汁でタンパク質を染み込ませる下準備をしている様子

かねてより興味のあった草木染めに挑戦してみました。

最初は練習というか、工程の感じを掴みたいので、被染物は娘が着古した薄汚いロンパース、染料は使い切れなかった乾燥スギナ、媒染はミョウバンで試し染め。

image

結論から言うと、微妙な出来、、σ^_^;

ロンパースが古くて汚れていたし、スギナが生葉ではないこともあって、綺麗な色に染まらなかった。

媒染も先にした方が良かったのかも。

次は小豆かなんかでバンダナ染めてみよう(*^o^*)