ヨガ的食についての備忘録

【朝食】

太陽が昇る頃は、危険物・毒物を一番感受しやすく、体の抵抗力も一番低下する時間帯なので、添加物の多い食べ物、脂っこい食べ物、体の負担になるような食べ物は避ける。

オススメの食べ物

果物、ナッツ、種子、海苔などの海藻類、梅干し、八丁味噌などの発酵食品 +野菜

【昼食】

玄米、そば、ビーフン、全粒粉小麦粉製品、さつまいも、オールブランなどの低GI値食品 +野菜

いつかの昼食

【夕食】

タンパク質や脂質を摂るために、白身の魚や鳥ムネ肉、ささみなどのホワイトミート類 +野菜(肉にはクレソン、キャベツなど、魚にはミョウガ、大根、しそ、山椒、ワサビなど)

いつかの夕食

※必須アミノ酸を含む食品

ナッツ類、種子類、豆類、バナナ、さつまいも、じゃがいも、とうもろこし、人参、キャベツ、カリフラワー、なす、トマトなど

 

※貧血気味な時

青菜を塩・醤油・味噌などで味付け、海藻、鉄火味噌

※冷え性

血液や体液が冷えて体を巡るのでホルモン異常を起こす。
また、腎臓が弱るとメニエールなど耳のトラブルを起こす。
(腎臓は、化学物質などを悪いものを排出するフィルター)

→腎臓(腰のあたり)を温める +甘いもの(砂糖や果糖)は大敵なので避ける
※甘いものを摂るときは塩を一緒に摂ること

 

さらば、電子レンジ

先日、10年以上使ってきた電子レンジが、最後に「ブッ!」という変な音を出して、動かなくなりました。

冷凍ご飯や冷凍したお肉、おかずの温め直し、朝食のパンを焼くトースター的役割、焼き菓子を作るオーブン的役割を果たしてきたこの電子レンジですが、これを機に、電子レンジを使わない生活を始めようと思います。

 

食材はできるだけ買いだめをしないようにしたり、仕方なく冷凍したご飯やお肉は、使う前の日に冷蔵庫へ移して解凍、フライパンや蒸し器で調理したり、おかずはその都度「食べる分だけ」を作るようにしたり、パンはガスコンロ&フライパンで焼くし、焼き菓子は魚焼きグリルを使う・・・・

こんがりカリッと焼けて美味しい!何もつけずにいただきます!

案外困りませんね〜〜

 

ところで、電子レンジは、物質の分子を振動させ、その摩擦熱で温めます。

熱は一気に上昇するものの、マイクロ波の照射をやめると直ちに温度が下がり始めます。

それに対して、火や遠赤外線で加熱し温めたものは、加熱をやめた後も少しずつ温度が上昇し続け、温度が下がるのもゆっくり。つまり、お腹の中に入ってもしばらく温かいままなのです。

ああ、なるほどねえ〜〜。

電子レンジは、体を冷やす原因にもなっているんですね。

冷えは万病の元。

私たち大人はもう死に向かって進んでいますが、娘はまだこれから。大人になるまでにできるだけ無駄な負担をかけない良い環境を作ってあげたいなぁと常々思っています。

便利な世の中ですが、皮肉なことに不便で手間がかかるものほど、身体には優しいんですよね。

 

さらば、電子レンジ!

春のつくし&菜花摘み in 那珂川町

おててつなご!と微笑ましい二人。

昨年は娘と二人だけだったのですが、今年は嬉しいことにご近所に住むお友達と一緒にサイクリングがてら行ってきました。

私のお気に入りの空き地。結構つくしも生えてましたが、まだまだ小さい・・・

そのあとは、移動して「裂田の溝(さくたのうなで)」へ。

ここも車が通らないので小さい子供を連れて自由に遊ばせるには最高の場所。(用水路には注意!)

二歳児二人も、つくしやお花を摘んで生き生きとしていてとても楽しそうでした。

竹林の脇あたりにはかなり背の高いつくしがまだ残っていましたよ。

通りすがりの地元のおじさんから色んな山菜情報を聞いたり、同じくつくしを採りに来ていたおばちゃんと話をしたり、こういうのがやっぱり楽しいんですよね!

ヨモギの新芽はまだ小さすぎて断念。。来週あたりがいいかな〜〜。

帰りは桜の状態をみながらのんびり帰って来ました。

収穫はつくしと菜花の蕾
袴をとり一晩水にさらしたつくし。
つくしの天ぷら、菜の花のナムル、つくしの塩麹卵とじ

天ぷらと菜の花は夫も絶賛。美味しくいただきました。こんなご馳走がタダで食べられるなんて・・・♡

また行こう。

 

冬のデザート♡金柑甘煮

img_8349
大粒!
img_8350
夏は梅、冬は金柑。もぎるのはいつでも楽しい!

祖母の家の裏庭にある金柑の木。

木は身長の2倍はある高さで、実もかなり大粒。デコポンみたいに皮が厚くでこぼこで可愛い^ ^

生でも、皮が甘くて、コリコリ食べられるので、だいぶ減ってしまったけど、残りで甘煮にしてみました。

img_8340
米とぎ汁で数分煮て水にさらしているところ。
img_8345
無水鍋にお水と金柑の半量の甜菜糖、お醤油少々で煮る。
img_8347
熱湯消毒した瓶で保存。

風邪の予防に。

虫刺されにドクダミが効く!

image
シュールなイラストがお気に入り。
image
1年前に仕込んだドクダミ化粧水。

虫除けにレモングラス、虫刺されにドクダミ。

自然療法の本を参考に作ったスプレーが活躍しています。

image
絆創膏貼る前に、腫れた目を撮るべきだった!とにかく赤く腫れていたのです。
image
翌日にはすっかり腫れが引いていた!

シツコイ種類の蚊に瞼を刺された娘。かわいそうなくらい目が腫れていましたが、ドクダミの葉を軽く炙ってすり潰したものを直接貼ったり、ドクダミ化粧水をつけたりしているうちにすっかり腫れが引きました。

花の咲いている今時期のドクダミが薬効が強いので、是非興味のある方はたくさん摘んで、化粧水にしてみてくださいな。

普段のスキンケアから虫刺されにまで使えます。痒み、ちゃんと消えますよ(*^o^*)

 

虫除けのレモングラスは、効いているのかいまいち分かりませんが、香りが好きなので良しとしましょう。


梅はその日の難逃れ

image

暇さえあると見ちゃう大好きな映画「めがね」の中に出てくる言葉『梅はその日の難逃れ』。

この言葉に表されるような”万病に効く”薬効は梅干しに多いのだろうけど、自分でやるには難易度が高いので、簡単な梅酒と梅ジャムにしました。

(梅干しは『おばあちゃんが作った無添加梅干し』というものを月イチで近所のスーパーに来るのでそれを頼りにしています。)

ヨモギの効能

image

ミネラル、ビタミンが豊富で整腸作用が大きく便秘に効く。内臓の機能を正常に保ち、公害物質や老廃物を流してくれ、血液浄化にも役立つ。

団子やお餅、天ぷら、佃煮、お茶などに。

image

image

余ったさつまいもで作った芋あんを包んでいきなり団子風のよもぎ餅を作りました。残りのヨモギはカリカリに干してお茶にします。

野草(薬草)採取 & サイクリング

imageimageimage

今日は最高気温20度という、とても良いお天気。朝からどこに行こうかソワソワしてしまいました。

やること全部適当に済ませて、お出かけお出かけ〜♪

春の草花の芳しい香りを思い切り吸い込みながら、娘と近所の田んぼや土手の辺りをサイクリングしつつ、つくしやヨモギなどの野草を発見しては、籠に摘み入れ、時に休憩しながらのんびり過ごしました。

つくしは今晩の夕食に、ヨモギはお餅やお茶に使います。

一年の中で一番大好きな季節になりました。毎年一番忙しくしている時期でもあります。5月まで、すでに予定が詰まってきました、、仕事もお勉強も遊びも盛りだくさん!頑張りすぎて五月病にならないようにしないとね、、σ^_^;

ふきのとうの天ぷら

image

春の山菜、ふきのとう。

正直私はこの独特な苦味が苦手です。

しかしながら、去年、母がふきのとう味噌というのを作ってくれて、それが美味しかったので、少し見直しました。

そして、初春。夫がとにかく山菜が食べたい、天ぷらが食べたいと言っていたのを思い出し、満を持して食卓に登場させてみました。

初めて天ぷらにしてみました。たらの芽や大葉、椎茸も一緒に。

感想は、、やっぱり苦手!!でも何故かクセになる、どんどん食べちゃう。多分、「良薬口に苦し」というのが頭にあるからでしょうね。

ふきのとうには、ナトリウムを排出するカリウムが豊富に含まれ、苦味成分のアルカノイドが肝機能を強化し新陳代謝を促進するそうです。私の嫌いなこの香りはフキノリドといって、胃腸の働きをよくするのですって。

今旬の山菜、皆さんも是非!