山の中で一年暮らしてみて

2019年10月末に、福岡県那珂川市の里山エリア「南畑(みなみはた)」に引っ越してきて、もうすぐ一年になります。

秋、冬、春、夏と、全ての季節をひと通り体験してみて、この暮らしのこともなんとなくわかってきました。

引っ越し当初は、鬱蒼とした周辺の竹の伐採や草刈りに追われる毎日。

以前、ここに住んでらした方が残した粗大ゴミたちが溢れ落ち着かない中、冬が来る前に薪ストーブを設置しないと山の寒さに耐えられないかもしれない!と、夫が慌てて設置してくれました。

と、そうこうするうちに2019年も終わりが近づき・・・

年末から1ヶ月間、暖かいインドで過ごしたので、この山小屋での1月は未体験。。

さて、帰国後の2月以降は、何と言っても「コロナ」ですね。

コロナ感染を抑制するため自粛が呼びかけられて、ほとんど毎日を家で過ごしましたが、それでなくても、毎日自宅での作業に追われていたので、コロナの騒ぎがなくてもきっと変わらない暮らしをしていただろうなと思います。

毎日、何十本という竹をのこぎりで切って、整備しました。いちいち数えてませんが、150本は余裕で切っています。多分。

鬱蒼として日当たり悪く、とても暗かった敷地に太陽の暖かい光が差し込むようになり、気分も最高!

やっぱり生き物は太陽光がないと元気が出ませんね。

夫に伐採した竹で、ブランコ、ジャングルジム、竹垣、ししおどし、、色々なものを作ってもらいました。

春になると、たくさんの植物が芽吹き、虫や動物たちが出てくるのを毎日観察しました。

昨日と今日の、小さくても確実に変化している様子を目の当たりにして、全てのものをは常に移り変わっている「諸行無常」を実感したのでした^^

つくし、ふきのとう、人参、レタスなど
敷地内にボコボコ生えてくるたけのことゼンマイ

たくさんの自然の恵みをいただいて、明るく健康な暮らしに毎日幸せを感じるもつかの間、次にやってきたのは稀に見る長雨、大雨の梅雨。

鬱々とした毎日が嫌という程続きましたね。

でも子供達は雨にも負けず、泥んこ遊び・・・楽しそう^^;

 

8月に入ってやっと梅雨明け。

部屋の埃が溜まっているところを中心にカビがたくさん生えていました。

マスクにほっかむりして家中の大掃除をして、梅雨の間に仕込んでいた梅を三日三晩干しました。いい塩梅の美味しい梅干しが完成!嬉しい^^

我が家はエアコンなし。扇風機二台と二階にあるシーリングファンのみで過ごしました。お盆の頃は、とにかく暑くて、断熱材を入れていない屋根から直接太陽熱が二階にこもって40度以上はあったのではないでしょうか。

1日何回もシャワーを浴びて、かき氷やそうめんを毎日のように食べて、アイスコーヒーや炭酸水をたくさん飲んで過ごしました。(体に悪いかもなんて考えがよぎらないほど暑かった!)

春から育てた野菜たちも、たくさんいただきました。

きゅうり、ゴーヤ、ミニトマト、ピーマン、ししとう、大葉、バジル、コリアンダーなど。

多い分は、ご近所さんに分けたり、逆にお裾分けをいただくこともよくあります。そうやって気兼ねなく持ちつ持たれつできることは、本当に幸せなことだなあと思います。都会じゃこうはいかないですもんね。

 

そして、9月に入ってから、涼しい日が続いています。

南畑の至る所で稲刈りが行われ、一気に秋の空気。

お友達のお家の大きな栗の木もたくさん実をつけて、お裾分けをいただきましたので、早速渋皮煮を作りました。季節のご馳走いただきます!

 

こうして、一年を通して自然の中で様々な活動をしてきました。

基本、毎日早寝早起き。

太陽光を浴びて汗をかいてたくさんご飯を食べて、疲れて寝る。

子供のようにあれこれ楽しいことを考えて、作る。

野菜を作って収穫して食べる。

こんなシンプルな毎日です。

ぼーっと退屈に過ごす時間もないくらいやることたくさんあるけど、私たちには、こういう暮らしが肌に合っているなあ、と実感しました。

 

そのことに早くに気づき、早く行動して、よかった。

キックパンチ、ヨガ、登山、畑そして温泉!好きなことづくしな日曜日

とても良いお天気に恵まれた日曜日、「キックボクササイズ&ヨガ」は、無事終了いたしました。

常連さんも初めてさんも、楽しくレッスンを受けていただけたようで何よりです。ありがとうございました!

また来年企画したいと思いますのでその時はまた是非ご参加くださいね〜。

 

さて、次週は「YOGA for relaxation」です。

11/19(日)YOGA for relaxation 子連れOK!!

「深いリラックス効果をもたらすヨガ」ということで、気持ちよくしっかり体を動かして最後は心底リラックスできるような内容です。

定員まで残り2名となりました。

参加ご希望の方、ご連絡お待ちしています^^

 

おまけ・・・

イベントに参加してくれた山友達を那珂川町の成竹山へご招待。展望台でランチして下山。

 

その後、不入道のTHREE TREESへ先日作った畑を見に。そして清滝温泉にみんなで行って解散!那珂川町のいいところを満喫しました♪

自然農と子育て

自然農は、「自ずから然らしむる」宇宙の営み、いのちの営みに沿った農法・栽培法です。

耕さず、虫や草などを敵とせず、農薬・肥料を用いない。

それは、そのまま育児にも置き換えることができます。

 

育児書にこう書いてあるから、昔からそうだから、常識だから、、ではなく、

過干渉はせず(耕さない)、常に見守り必要があれば手を貸す(応じる)。

一般的に害と思われるものでも、実は子供の生育に役立つものもあるので(インターネットやゲーム、アニメや漫画、大人同士の関わりの中で過ごすことなど)それを見極め、すべてを排除せず、子供が興味を持てば責任を持って与える。(草や虫を敵としない)

ただし、絶対的に害になるものは与えない。醜悪なものを賞賛する誤った考え方(テロ、戦争、核、その他犯罪)が世の中に存在するありのままの事実と正しい見方をしっかりと教育する。(農薬・肥料を用いない)

他にも色々と細かく参考になることはあるのですが、この三つだけでも、育児をしていく上での大きな指針となり得るのかなぁと思います。

そうやって伸び伸びと育つ子供は、きっと聡明でまっすぐで、世間ずれすることなくエネルギーに溢れているような気がするのです。

 

幼稚園へ出張ヨガ

友人の紹介で、兼ねてよりご依頼いただいていた某幼稚園の保護者交流会でのヨガレッスンに行ってきました。

保護者交流会での催しにヨガを、そしてたくさんいらっしゃるヨガ講師の中から私を、選んでいただいたことがとても嬉しく、遠方でしたが喜んで行かせていただきました。

住宅街の中の立派な幼稚園でとても雰囲気がよく、保護者会の方の対応もしっかりされていて、正直驚きました。

私もこれから娘の幼稚園等の色々なことに保護者として関わっていくことになるのですが、その関わり方について励みになり勉強にもなりました。

また、レッスンを受けてくださった方がたも、日頃子育てでゆっくりと自分自身のメンテナンスができておらず、ヨガで癒されたい!体を動かしたい!という意欲が感じられ、とても嬉しかったです。

こうやって、ヨガを通して色々な方と触れ合いながらお役にも立て、自分はとてもいい仕事をしているんだなあ、とその幸せをしみじみと感じることができました。

 

幼稚園、保育園の先生方や保護者の方、学校や介護施設の職員の方など、ヨガを日常に取り入れることができれば、精神的ストレスの緩和や体力作りに大いに役立てると思います。

 

関係各所のみなさま、ご興味があれば是非ご相談ください。

インサイトヨガ、始まりました!

本日より、大橋駅すぐそばにあるキックボクシングジム「アンカレッジ」さんで、ヨガのレッスンを始めました。

子連れOKのレッスンということもあり、お子さんたちは託児スペースで自由に遊んでいます。

レッスン中は、オーナーの山川さんが子どもたちを見てくれています。ご自身も小さな息子さんがいらっしゃるので、乳幼児の扱いは慣れてらっしゃって、とても安心ですよ。

子どもたちは託児スペースで遊んだり動画を見たりしています。

 

さて、本日ご参加いただいた方々は、普段からキックボクシングのトレーニングに励んでいる方ばかりでしたので、とてもよく体が動いていました。

ヨガって地味にキツいんですね・・・というお声もあったのですが、それはいつもの私の悪い癖(笑)で、様子を見てまだまだやれる!と思ったら、頑張っていただくのです・・・。

だけど、ラクなことをしても大して変わらないですもんね。

なんでもそうですが、多少負荷をかけなければ、力はつかないし、上達しません。柔軟性にしても、硬いからといって伸びる時の痛みを感じないようにやっていても、決して柔らかくはなりません。

普段あまりしないような動きも・・・

もちろん、個々の体を見ながら、無理しすぎない程度に進めていきますし、それぞれの体の状態に合わせてポーズの取り方なども変えていきます。

やれるかやれないかが問題ではなく、やろうとすることが大切だと思います。

初めての方が、浮いている!驚

このクラスは、運動をしたくてもなかなかできない子育て中のママたちにもオススメです。

運動不足を解消して、美しく健康でしなやかな心と体を目指しましょう♪


自分の内側を見つめる時間「INSIGHT YOGA(インサイトヨガ)」

アシュタンガヨガをベースにしたアクティブなヨガプログラムです

ポーズをとることそのものよりももっと大切な要素(「呼吸」「視点」「バンダ(丹田)」「ポーズを繋ぐ動作」)に重点を置いているので、柔軟性や筋力などフィジカルな面はもちろん、内面的な部分を鍛えたい方にもオススメです。

・呼吸のリズムに動作を連動させ、動き続けるので持久力がつきます。
・動作自体はゆっくり行うため、有酸素運動の効果があります。
・常に体の中心となる「丹田」を意識しながら行うため、心身ともにブレない軸、グラウンディング力がつきます。
・身体全体をくまなく使うので、バランスの整った身体になります。


▪︎ 対象者 : 運動不足の方からスポーツ選手まで(健康な方)

▪︎ 日時 : 毎週火曜日14:30〜15:30

▪︎ 場所 : 大橋駅西口徒歩2分 「ANCHORAGE アンカレッジ」(福岡市南区大橋1-14-8 カーサクワトロ2F / TEL: 092-555-3302

▪︎ 料金 初回お試し1,080円(アンカレッジ会員入会で無料)/ 2回目以降・・・ビジター 1,620円、5回チケット6,480円(無期限)、月会費etc

会員になれば、キックボクシングトレーニング、ボクササイズ、ルーシーダットンなどの様々なクラスをお得な料金で受講できます♪是非お試しください!!

※当教室で実施しているレギュラークラスとは異なり、アンカレッジの料金体系に準じます。詳しくは、「ANCHORAGE アンカレッジ」まで、お問い合わせください。

親子の良い関係とは(幼少期編)

娘は預け先などでよく「いい子だね」「よくいうことを聞いてお利口さんだね」と褒められるんですが、確かによそ行き顔といいますか、表向きの顔はそうかもしれません。

でも、私たち親の前では、ちゃんと聞かん坊、暴れん坊の面を見せています。

本当にいい子っていうのは、「扱いやすい子」ではなく、年齢相応の成長をしている子ってことだと思います。

娘はもうすぐ3歳になりますが、虫の居所が悪い時には、なんでも嫌って言いますし、癇癪起こして手がつけられないようになったり、「ママなんか大っ嫌い!!!」と言ってどこかへ走り去っていくわりに、ほおっておいたら「ママがいないと寂しい」と言って泣き叫びます。

支離滅裂な訴えをしつこくしてきたり、怒って泣いたかと思えば、すぐにつまらないことでゲラゲラ笑ったり、、、、

赤ちゃんから幼児となり、そこからもう一つ成長をしようとするときに、よく見られる子供そのもの。

暴れる娘を抑え込むのは簡単なのですが、もう物事がわかってきている年齢だけに、力づくでどうにかしようとしたって、ますます抵抗心に火をつけるだけであまり効果はないんですよね、、、。

それに、娘を叩いたりすると自分自身が苦しくなる上、「目には目を」という乱暴的な解決法ではなく、平和的な解決法があることを学んで欲しいので、思わず手をあげたくなるところをグッとこらえます。

 

怒鳴り泣き叫ぶ娘には知らん顔、叩いたり蹴ったり暴力をよこしてくれば無抵抗、あるいは「叩かれたり蹴られたら痛いし、怖いからもうこっちへ来ないで!」と恐れるそぶりをすると、かなりショックを受けたみたいで、「ママ、ご、ごめっ、ごめんっ!!もう、叩かない、、から、来ないでって、言わないでっ!」としゃくりあげながら自分から謝ってきました。

ああ、ついに自分で感じて判断して「ごめんなさい」ができるようになったなあ、と感動して、私もついついもらい泣き。「わかった、もういいよ」とギュッと抱きしめました。

これまで寂しかった経験をひとつひとつ話してくれる娘。全部言い終わったら安心して眠りにつきました。

本気でぶつかり合っている私たちですが、あまり見られたくない程、激しいです。ですが、ストレートに自分の感情の移り変わりを見せることで、人を傷つけることの怖さ、傷つくことの辛さを学んで欲しいなと思います。

アシュタンガヨガの八支則に「アヒムサ(非暴力)」というのがあります。

身体的にも精神的にも、他人に対しても自分自身に対しても、決して傷つけないこと。

例えば、我慢したり無理したりすることも自分自身への暴力であるし、無意識の言動で人を傷つけた場合も暴力であるので、これらを全うしようとしたらかなり難しいかもしれませんが、そういう心がけを持つ、意識するということがとても重要だと思っています。

「しつけ」というのは本当に難しいと感じています。
ついつい感情的になって大人気ない態度をとってしまったり、思わず手を上げてしまったり。

親だからといって人間的に優秀なわけではないのだから、子供のことで悩んだりつまづいたり転んだりするのは当然。

真剣に向き合い、お互いを尊重し、共に良くなっていこうと努力しあうことで、何かが見えたり乗り越えたりしながら、一緒に人として成長していく。

それは親子同士だけでなく、夫婦や友人同士、上司と部下など色んな関係でも同じこと。

それが「良い関係」だなぁ、と思います。

 

他人と育ち合う子どもたち

他人との関係に気兼ねや煩わしさを感じるくらいなら、いっそ関係を持たないようにした方がいいと思う風潮が、今や当たり前のようになっていると思います。

そんな中、我が家はご近所づきあいもお友達づきあいも、たくさんするようにしています。

それはそうすべきという考えの元に意識してやっているというのが本音です。

もちろん、楽しいことや嬉しいことだけでなく、何かトラブルが起きることもあるかもしれません。

だけど、日頃から、頼みごとをしたりされたりしながら、しっかりコミュニケーションをとっていれば、もし何か問題が起きてもちゃんと解決したり、助け合うことができる。そういう信頼関係を結ぶことがとても大切だと思います。

幼稚園のお友達と。

子育てをしている親が、他人としっかりコミュニケーションをとっている姿をみて、子どもはコミュニケーションのとり方を自然に学べます。

そして、おじいちゃんおばあちゃん、ご近所さんやお友達などに子供を預けたり、面倒を見てもらったりしながら、親以外の大人と接することに慣れていきます。

また、他の家族のその子供たちと一緒に出かけたり遊んだりしながら、子供は子供同士でコミュニケーションをとって、自然と社会性を身に付けることができます。

親が他人との付き合いを避けていたら、子供はどうやって他人と付き合うことを覚えていくのでしょうか。

幼稚園や学校に行っても、一人で遊んだ方が安らげるという子供は少なくないと思います。そういう子の親御さんは、やっぱり一人でいる方が安らげると思っているかもしれません。

だけど、人間の心の中には、人と一緒にいたいという欲求があるはずだと思います。だから、人と一緒にいても安らげるようにならなくてはいけないのだと思います。

先頭切って歩く娘の勇ましいこと・・・

 

かつて独身時代の私にも人を避けるような時期がありました。

人間関係に疲れたり、嫌な思いをすることがあったからです。

そういう経験をすると、誰でも引きこもりみたいになりますよね。それはとても理解できます。

 

ご近所さんのおばあちゃんのお家にて。

しかしながら、色々なことを経て、今はそういう考えに至りました。

「図々しいと思われるかしら?」ではなく、「私にも同じように頼んできていいからね!」と思うようになりました。

近所のお友達と公園へお出かけ。

おかげで、娘はお友達と遊ぶことが大好きで、毎日のようにお外で勝手に遊んでくれています。近所の少し年上のお姉ちゃんたちがよく面倒を見てくれています。

きっと娘も大きくなったらそんな風に小さい子の面倒を見たり、遊んだりしてくれることでしょう。

お子様づれOK!産後ヨガもオススメです!

本日は、生後2ヶ月の赤ちゃんをお連れの方と1歳10ヶ月のお子様をお連れの方が、体験レッスンを受けられました。

お二人とも那珂川町に引っ越してきて間もなく、同じような状況で頑張っているママさんたちと仲良くなったり、ヨガで体型を整えたり、ストレス発散をしたりしたいという思いを抱えての参加です。

 

子育てに関する出来事や、今の自分の状況などをシェアしながら、

「ウンウン、わかるわかる!」

「え?!そんなことできるんですか?なるほど〜!」

とか、色々なあるあるネタで盛り上がった後は、呼吸やアサナを実践。

 

途中で授乳タイムや休憩を挟みながら、それぞれマイペースで参加します。

妊娠・出産・産後のホルモンの変化を経て、妊娠前の状態に戻るまでの1年〜2年の過ごし方や、骨盤底筋群を鍛えるポーズ、股関節周りのほぐし方などについて話をしながらゆっくり進めています。

お家の中で煮詰まっているママさん。

どうぞ思い切って参加して、スッキリして帰ってください♪

来月は、6/8(木)と6/22(木)10:00〜11:00です。

産後ヨガ

※お子様の年齢制限はありません。
※体験レッスン1,000円
※定員4名まで(要予約)

★お申し込み・お問い合わせは、下記のフォームよりお願いします。http://www.sumsuun.com/inq/

 

使わなくなった布おむつ活用法

娘がハイハイしだす頃まで、布おむつを使っていました。

張り切って何十枚も買ったので、汚れが落ちなかったもの以外は捨てきれずに持っていました。

これ、使い道ないかな?とずっと考えた結果、娘のトイレトレーニング用パットと私の布ナプキンとして使うことに決定。

私はだいぶ前からこっそり使っていましたが、写真右下のような防水布とリネンを合わせたホルダーを作り、適当な大きさに切って端をロックミシンで処理した布おむつの布を4つ折りくらいにしてホルダーにセットするだけ。

娘のトイレトレーニング用パットは、防水布付きのショーツに紐をつけてそこにセットするか、同じくホルダーを普通のショーツにセットするか。

 

いたってシンプルだけど、これが快適でやめられない。。。布ナプキンって買い揃えると高いし、誰に見せるわけでもないので、これで満足しています。

赤ちゃん用の布なので肌触り滑らかで優しい気持ちになります・・・。笑

娘も夏には3歳になるので、そろそろオムツを卒業してほしいところです。

 


参考にしたホルダーはこんな感じです!↓

ホーローおまるでトイレトレーニング

image
ころんと可愛いおまる、娘もお気に入り♡

本格的にトイレトレーニングを始めました。

幼稚園、テレビ、youtubeなどの影響もあって、少しずつトイレで排泄することを理解し始めた頃です。

 

オムツを履くのも嫌がるようになりました。

トレーニング3日目の今日は、自らおしっこもウンチもおまるできちんとしていました。

私は、おまるの中の立派なウンチを見せてもらって、とても嬉しく「おめでとう!!やったね!!すごい!!」と拍手しながら喜びました(^∇^)

娘もなんだか誇らしげな顔。笑

こうやっていろんなことができるようになっていくんですね。

トイレのしつけは、成長への大きな一歩。

私が子育てにつまづいた時に引っ張り出す教科書「子どもへのまなざし」に、しつけというのは、強制することではなく、教えて待つことだと書かれています。

いつかはできるようになるのだから、その時を楽しみに待つ心の余裕を持っていたい、それが子どもの成長への近道なのだと。

 

ところで、私、以前は植物を育てるのが苦手でした。

「土の表面が乾いたら水やりをする」と説明書きがあったのでその通りにしていてすぐに枯らしていました。

原因は根腐れです。

それでも根気よく園芸を続けていると、ちゃんと植物を観察していれば、本当に今お水が必要なのかどうか分かるんだということに気づきました。

子どものしつけも、ただやみくもにやるのではなく、子どもが今それをできる状況なのかをよく観察して、タイミングが合えばすんなりできるようになるということもあると思います。

 

似たような話で、ヨガの難しいアーサナも、日々の積み重ねで身体が少しずつ強くなっていき、そのときの身体の状態によって、すんなりできたりします。

反対にまだからだの準備ができていないのに、ただ最終形に近づこうと見よう見まねでやっていたらどこかしらを痛めた、なんてこともよくある話です。

インストラクターとしては、生徒さんのからだの状態をよく観察して、判断しなければ怪我をさせてしまう可能性があるということを肝に銘じなければなりません。

 

育児も園芸もヨガも、基本は同じ。洞察力が重要!洞察力を鍛えるには瞑想が効果的!

 

以上。