使わなくなった布おむつ活用法

娘がハイハイしだす頃まで、布おむつを使っていました。

張り切って何十枚も買ったので、汚れが落ちなかったもの以外は捨てきれずに持っていました。

これ、使い道ないかな?とずっと考えた結果、娘のトイレトレーニング用パットと私の布ナプキンとして使うことに決定。

私はだいぶ前からこっそり使っていましたが、写真右下のような防水布とリネンを合わせたホルダーを作り、適当な大きさに切って端をロックミシンで処理した布おむつの布を4つ折りくらいにしてホルダーにセットするだけ。

娘のトイレトレーニング用パットは、防水布付きのショーツに紐をつけてそこにセットするか、同じくホルダーを普通のショーツにセットするか。

 

いたってシンプルだけど、これが快適でやめられない。。。布ナプキンって買い揃えると高いし、誰に見せるわけでもないので、これで満足しています。

赤ちゃん用の布なので肌触り滑らかで優しい気持ちになります・・・。笑

娘も夏には3歳になるので、そろそろオムツを卒業してほしいところです。

 


参考にしたホルダーはこんな感じです!↓

エスニック風親子コーデ服作りました

ナチュラル系婦人服の卸業を営む義父から、たくさんの生地や毛糸が送られてきました。ウール、リネン、コットン、ガーゼ、刺繍の入ったものなどなど、何を作ろうかワクワクが止まりません!

とりあえず、もうすぐ冬も終わりなので、ウールは先に使っちゃおうと、早速製作開始!

本当は自分用を先に作ったのですが、写真を撮ってなかったので、その次に作った娘用のコートの製作過程を・・・。

型にしたのは、娘が持っているAラインのチュニック。

私はとっても面倒くさがりなので、型紙を使わず、ラインを引きもせず、生地の上で手持ちの服を、正面、横向き・・と置き換えながらなんとなくこんな感じ・・・とかなりアバウトに直断ちしながら形を決めていく荒業に出ます・・。その方がオリジナリティも出るし面白いです。

 

とりあえず合わせてみる

そのあとは、後から支障が出ない部分を先にロックミシンでダダ〜っとかがり縫い。

押さえ周辺が錆びまくっている化石のようなロックミシン。フットコントローラーの調整が難しい・・

 

布端がほつれないようにかがり縫いをしたところ

その後、普通のミシンで袖を身頃につけて、袖の下を縫い合わせ、首回りや前の合わせる部分を折って縫いました。

我流なので、こんな手順で良いのかわかりませんが、とりあえず形になりました。

革製のくるみボタンを飾り付け。本当はホックでとめている。
以前大量に送っていただいた可愛いボタンたち。
それっぽくなるようにタグつけてみたりして
「おててつなご」は娘の口癖

前の裾が短めです
後ろにくるみボタンをかざりつけ

 

二人で記念撮影

 

次は何を作ろうかな〜。

幼児のための登山用ゲイター(スパッツ)を作っちゃいました。

ぬかるみの多いところを歩く登山に、あるととっても便利なゲイターというものがあります。

モンベルで買ったゲイター

これ、子供用ってないんですよね。

だから、先日の九重登山の時には、セリアで買った園芸用のアームカバーをそのまま娘の足に履かせてました。

登山装備アームカバー

 

安上がりでとってもいいんですが、履かせたり脱がせたりするときに靴を脱がせないといけないし、歩いているうちにずり上がって(下がって)きたりもするので、どうにかしたいなーと。

脱ぎにくい

どうせなら、ちゃんとゲイターにしよう!と思って、リメイクしてみました。

 

【使用した材料】
※自分の持っているゲーターに使われている部品をそろえようと思えばそろえられましたが、出来るだけ軽量化するため必要最小限にしました。

1

・オープンファスナー 30cm ×2本(サンカクヤ)
・マジックテープ 30cm ×2本(セリア)
・アウトドア用ゴム (セリア)
・園芸用アームカバー 2組(セリア)

オープンファスナー

フック

アームカバーのとじ部分を開いて、オープンファスナーとマジックテープをミシンでダダッと縫い付け、余分に用意したアームカバー(2組目)の片方だけを使って35cm×15cmくらいのカバー(ファスナー部分を覆う)部分を作り、それぞれ縫い付けて、靴ひもに引っ掛けるフックと、靴底にまわして固定するゴムを縫い付けます。

完成
完成品
keenの登山靴
フックはここに引っ掛けます。

 

10

11
サイドのフックはゴムをかけます。

週末、山に行くので使ってみよう!!