山の中で一年暮らしてみて

2019年10月末に、福岡県那珂川市の里山エリア「南畑(みなみはた)」に引っ越してきて、もうすぐ一年になります。

秋、冬、春、夏と、全ての季節をひと通り体験してみて、この暮らしのこともなんとなくわかってきました。

引っ越し当初は、鬱蒼とした周辺の竹の伐採や草刈りに追われる毎日。

以前、ここに住んでらした方が残した粗大ゴミたちが溢れ落ち着かない中、冬が来る前に薪ストーブを設置しないと山の寒さに耐えられないかもしれない!と、夫が慌てて設置してくれました。

と、そうこうするうちに2019年も終わりが近づき・・・

年末から1ヶ月間、暖かいインドで過ごしたので、この山小屋での1月は未体験。。

さて、帰国後の2月以降は、何と言っても「コロナ」ですね。

コロナ感染を抑制するため自粛が呼びかけられて、ほとんど毎日を家で過ごしましたが、それでなくても、毎日自宅での作業に追われていたので、コロナの騒ぎがなくてもきっと変わらない暮らしをしていただろうなと思います。

毎日、何十本という竹をのこぎりで切って、整備しました。いちいち数えてませんが、150本は余裕で切っています。多分。

鬱蒼として日当たり悪く、とても暗かった敷地に太陽の暖かい光が差し込むようになり、気分も最高!

やっぱり生き物は太陽光がないと元気が出ませんね。

夫に伐採した竹で、ブランコ、ジャングルジム、竹垣、ししおどし、、色々なものを作ってもらいました。

春になると、たくさんの植物が芽吹き、虫や動物たちが出てくるのを毎日観察しました。

昨日と今日の、小さくても確実に変化している様子を目の当たりにして、全てのものをは常に移り変わっている「諸行無常」を実感したのでした^^

つくし、ふきのとう、人参、レタスなど
敷地内にボコボコ生えてくるたけのことゼンマイ

たくさんの自然の恵みをいただいて、明るく健康な暮らしに毎日幸せを感じるもつかの間、次にやってきたのは稀に見る長雨、大雨の梅雨。

鬱々とした毎日が嫌という程続きましたね。

でも子供達は雨にも負けず、泥んこ遊び・・・楽しそう^^;

 

8月に入ってやっと梅雨明け。

部屋の埃が溜まっているところを中心にカビがたくさん生えていました。

マスクにほっかむりして家中の大掃除をして、梅雨の間に仕込んでいた梅を三日三晩干しました。いい塩梅の美味しい梅干しが完成!嬉しい^^

我が家はエアコンなし。扇風機二台と二階にあるシーリングファンのみで過ごしました。お盆の頃は、とにかく暑くて、断熱材を入れていない屋根から直接太陽熱が二階にこもって40度以上はあったのではないでしょうか。

1日何回もシャワーを浴びて、かき氷やそうめんを毎日のように食べて、アイスコーヒーや炭酸水をたくさん飲んで過ごしました。(体に悪いかもなんて考えがよぎらないほど暑かった!)

春から育てた野菜たちも、たくさんいただきました。

きゅうり、ゴーヤ、ミニトマト、ピーマン、ししとう、大葉、バジル、コリアンダーなど。

多い分は、ご近所さんに分けたり、逆にお裾分けをいただくこともよくあります。そうやって気兼ねなく持ちつ持たれつできることは、本当に幸せなことだなあと思います。都会じゃこうはいかないですもんね。

 

そして、9月に入ってから、涼しい日が続いています。

南畑の至る所で稲刈りが行われ、一気に秋の空気。

お友達のお家の大きな栗の木もたくさん実をつけて、お裾分けをいただきましたので、早速渋皮煮を作りました。季節のご馳走いただきます!

 

こうして、一年を通して自然の中で様々な活動をしてきました。

基本、毎日早寝早起き。

太陽光を浴びて汗をかいてたくさんご飯を食べて、疲れて寝る。

子供のようにあれこれ楽しいことを考えて、作る。

野菜を作って収穫して食べる。

こんなシンプルな毎日です。

ぼーっと退屈に過ごす時間もないくらいやることたくさんあるけど、私たちには、こういう暮らしが肌に合っているなあ、と実感しました。

 

そのことに早くに気づき、早く行動して、よかった。

年末年始の過ごし方

毎年、夫の実家がある千葉に帰省していましたが、今回は福岡で過ごす年末年始でした。

いつもと変わらない食生活、いつもと変わらない運動量を心がけたおかげで、体に負担をかけることなく、いつもと変わらない状態をキープして、体調も万全、家族揃って良いスタートを切ることができたように思います。

大晦日から元旦にかけては、くじゅう・坊ガツルでのキャンプで年越し。

吉部登山口から坊ガツルまで約90分の道のり。
娘、最後まで自分の力で頑張りました。
法華院温泉山荘で大好きな渡邉夫妻と。
テン場で合流した福岡の方達とともに。

最高の思い出となりました。

 

現人神社にて。

1月2日は、那珂川町の神社をまわり初詣をしました。

その後、急に牡蠣が食べたくなって、急遽牡蠣小屋へ。

娘はウインナー。

1月3日は、私の実家へ新年のご挨拶。
みんなでご飯を食べたあとは、子供たちを連れて公園へ。

従兄妹っていいね!
昨年、姉のところに生まれたおひめさま。

1月4日からTIKI YOGA studioで練習開始。

マイソールクラス。
プライマリーレッド。

 

身体が全く鈍らず、いつも通り気持ち良い練習ができてホッと一安心。この調子で今年も練習頑張ろう!!

 

皆さんは、どんな年末年始を過ごされましたか?

今年もどうぞよろしくお願いしますね♪

生きるということについて考える

10代はワケも分からず走り、20代は迷いに迷って遠回り、ようやく30代で自分の生き方を決めました。

裕福な時代もあったし、逆に貧しく険しい道も歩いたし、近代・現代文明の恩恵をたっぷり受けて現代病にもなったし、絶望的な気分を味わったこともあります。

でも途中で気がつきました。

未だに「苦労」が「勲章」みたいに思われる風潮がありますが、苦労するには苦労するなりの理由があるし、その原因のほとんどはその本人にある訳で、苦労しない人っていうのは、そもそもそういう生き方をしていないのだと。

 

「道」を選ぶのは自分。

「こちらに行けば苦労しませんよ」「こちらに行けば、辛い思いをしますよ」というのを誰かがいちいち教えてくれる訳ではありません。

人は、おぎゃっと生まれて自立するまでの間に、親や周囲の環境からの影響を受けながら、その「道を選ぶセンス」を磨いていくのだと思います。

もちろん、自立してからでもいくらでもそのセンスは磨けるのだけど、苦労なんてものはしないで済むのならしない方がいい。

誤解のないように説明しておくと、苦労するというのと、一生懸命頑張るというのは別物であって、一生懸命頑張っている時には、苦しみではなく喜びとか嬉しさが共にあります。それならば大いに経験すべきだと思うのです。

 

要は、苦しみや不安がそこにあるのか否かということ。

 

想像してみてください。

何不自由なく暮らしている今の生活を、自然災害や人災によって全て失ってしまったら。

生きてゆけますか?

生きていく自信がないのなら、常にその不安や恐怖から逃れることはできませんが、自信があれば何も恐れることはありません。

自然の中に身一つ投げ出されても、自然の中から食べるものを得ることができ、火をおこすことができ、水を調達することができ、木を倒して家を作ることができる、知恵と丈夫な体があれば、生きていけるのです。

 

そこは、人間関係がどうとか、仕事がどうとか、学歴がどうとか、いじめとか、貧富の差とか、個性がどうとか、結婚がどうとか、子供がいるのかいないのかとか、そういうことはどうでもよく、ただ「生きる」ということに一生懸命にならざるを得ない厳しい世界だと思います。

不必要に心を悩ませたり痛めたりすることもなく、まっすぐに清々しく堂々とエネルギッシュに喜びに満ちて生きていける世界です。

残された時間を、そういう風に生きたいなと思います。

来年春、いよいよ40歳を迎えます。

40代は、惑わず突き進んでいくべし。

 

8月 登山&キャンプまとめ

ボイボイキャンプ場にてテント泊!
美しい星空に圧倒される!
頑張って歩きました!
星生山山頂
三俣山と坊ガツルを眺めて

 

お盆は阿蘇に行きました。

藪漕ぎ状態
火口
烏帽子山へ

 

下山後は草千里ヶ浜にて乗馬体験
近くの坊中野営場にてキャンプ

テント設営後は、山を降りて内牧温泉へ。
夜は、ピザを焼いてビールで乾杯!
また、たくさんの流れ星(ペルセウス座流星群?)を見て、22時ごろ就寝。

矢谷渓谷で川遊び
滝の滑り台が有名。この後、娘はパニック!

 

この夏は何かと忙しくしていたけれど、やっぱり遠出して自然の中で過ごすのが一番充実してるな。

 

もうすぐ夏休みも終わり。