ヨガをするなら、タバコをやめるべきですか?

、、、という質問について。

もちろん、ヨガをするしないに関わらず、そしてそれがタバコに限らず、体に悪いことはしないほうがいいです。

やめられるものなら、すぐにでもやめたほうが良いです。

でも、一番良くないのは、

「やめたいのにやめていない」という心と行動が矛盾した状態にある

ということではないかな、と思います。

だから、

タバコ吸いながらヨガをし続けて、自然とタバコを吸いたくなくなるのを待つ

しかないんじゃないかな、、と思います。

 

「ヨガの八支則」の中に、ヤマ(禁戒)ニヤマ(勧戒)という、日常生活の心得のようなものがあります。

ヨガの実践を効果的に行い、より良い生活を過ごすためには、このヤマとニヤマを無視することはできません。



ヤマ(禁戒)してはいけないこと

①アヒムサー(Ahimsa)
非暴力。不殺生。行動、言葉、思考において他者や自分に暴力を振るわない。

②サティヤ(Satya)
嘘をつかない。

③アスティヤ(Asteya)
盗まない。他人の物、時間、信頼、権利、利益なども含む。

④ブラフマチャリヤ(Brahmacharya)
禁欲。

⑤アパリグラハ(Aparigraha)
貪らない。執着しない。

 

ニヤマ(勧戒)守ったほうが良いこと

①シャウチャ(Saucha)
清浄。心身を常にきれいな状態に保つ。

②サントーシャ(Santosha)
足るを知ること。

③タパス(Tapas)
苦行。困難を乗り越えようとする。

④スヴァディアーヤ(Svadhyaya)
読誦。聖典、バイブル、マントラ、名著、人格者が書いた本、本質的なことが書かれている本などを読む。

⑤イシュワラ・プラニダーナ(Ishvarapranidhana)
祈念。万物に対して、感謝、献身的な心を持つ。

 

これで言うと「タバコをやめたいのに吸うこと」は、以下の項目に反していると言えます。

<ヤマ>
①非暴力→ × → 
体に悪いことをしている
②嘘をつかない→ × → 心と行動に矛盾がある
⑤執着しない→ × → 吸いたいという欲に縛られている

<ニヤマ>
①心身を常にきれいな状態
に保つ→ × → ニコチン、タールなどの体に悪い物質を摂取
②足るを知る→ × → 吸っても吸っても吸いたくなる

 

特に、「やめたいのに吸う」という矛盾した行為は、「罪悪感」を生み、それによって自分への「嫌悪感」や「怒り」も生まれます。

それは、何をしていてもずっと心にしがみついて離れない苦しみの原因となるのです。

苦しみを抱えていては、何をやっても100%楽しめない、幸せとは言い難いですよね、、、やはり、ちゃんと向き合って手放したほうが賢明です。

 

肩の力を抜いて、実験と思って色々試してみてはいかがでしょう。

タバコを吸っていたら重たい体が、吸わなかったら軽かった!とか、

ヨガの練習をした後、心も体もスッキリして、吸いたい気持ちにならない!とか、

味覚がや嗅覚が敏感になるので、タバコが不味くなった!とか。

色々な感想が出てくると思いますよ。

そういう「吸わないことで起こる素敵な実体験(非喫煙者には普通のことですが)」が、もしかしたらやめるきっかけになるかもしれません。