身体が硬くてもヨガできますか?

ヨガをするときに、身体が硬いか柔らかいかということは実はあまり関係ありません。

例えば前屈系のポーズは、腹部を動かしたり圧迫したりして内臓をマッサージすることで細胞を活性化、代謝を促すことを目的としていることが多く、身体が硬くてあまり前屈できなかったとしても、お腹を内側に引き込んだりツイストしたりするための腹筋力がある程度あれば、その効果を感じることができるかと思います。

もちろん、ヨガを続けていれば身体の柔軟性は自然とついてきます。
身体が柔らかいと怪我もしにくいし、健康を保てる強い体になります。

その上、身体は筋肉で締まってしなやかになり、自然と食べ物や生活にも気を使うようになるので、内臓も心も健康で美しくなっていきます。

もしあなたが身体が硬いからという理由でヨガを敬遠しているのだとしたら、それはとっても勿体無い!

むしろ体が硬いほうが、ヨガをした後の身体の変化を大きく感じやすいので、元々柔らかい人よりもさらに喜びが大きいと思います。

もし、他の人のようにできなかったら恥ずかしい、、、なんていう思いがあるのなら、周りと自分を比較して苦しむ自分から「全然気にならない、苦しまない自分」へと変わっていく心の動きに気づくことができるかもしれません。

 

今のありのままの自分を受け入れること。

それが「(心と体の)柔軟性」への第一歩であると思います。

【チャリティヨガイベント】安徳公園(4/30・5/7)、岩戸公園(5/8)でヨガをしよう!

IMG_0499 IMG_0478

那珂川町の公園で、パークヨガを開催します!周辺にお住まいの皆様、是非ご参加ください♪

【安徳公園】
image-9-300x225
公園内にある丘の上でおこないます。芝生ですので、ヨガマットや、なければレジャーシートなどがあれば大丈夫です。
◆ 日時: 4/30(土)、5/7(土) 9:30〜10:30
◆ 集合時間: 9:15
◆ 集合場所: 安徳公園の丘の上
【岩戸公園】
image
公園内の小山の上で行います。地面に砂利が少しありますが、厚手のヨガマットかダンボールにレジャーシートやバスタオルを敷いたりすれば問題はありません。
※ダンボールはこちらで用意します。
◆ 日時: 5/8(日)9:30〜10:30
◆ 集合時間: 9:15
◆ 集合場所: 岩戸公園の山の上

 
◆ 参加費: 500円(小学生まで無料)
※参加費は、日本赤十字社を通し、熊本・大分のための義援金として送ります。
◆ 持ってくるもの: ヨガマット、なければレジャーシートなどがあれば大丈夫です。飲み物、タオル

※雨天中止
※定員15名
※駐車場、トイレ、遊具、グランドがあります。
※お申し込みはお電話かメールでお願いします。(締め切りは開催一週間前です。)

お申し込み、お問い合わせ
080-3907-5162 / info@sumsuun.com(松本)

小池龍之介・瞑想ワークショップ

koike

先日、朝日カルチャーセンターで行われた瞑想ワークショップに参加してきました。喜怒哀楽という感情についてのお話と瞑想のお稽古を実際にやってみるというものです。約二時間半のこのワークショップについてまとめました。長いですが、興味深いお話なので、是非読んでみてください。

  1. 心と感情の関係性
  2. 感情って何の為にあるの?
  3. 『無我の境地に至る』
  4. 『瞑想』って何?
  5. まとめ

1.心と感情の関係性

住職曰く、『心』というのは感情だけではなく、思考(想像、妄想、迷い)、記憶、感覚、などを含む、それはそれは計り知れない程広大な宇宙のようなもので、感情などはその中のほんの一部。だけども人はその喜怒哀楽といったたまたま表に出てきた小さな感情に振り回されて、それがあたかも『自分の心』『自分そのもの』だと思い込んでいる、、。

kokoro

さらに、感情というのは、自分の意思で起こすものではなく、その人がこれまでの積み重ねた思い込みによって勝手に呼び起こされるもの、ということも重要な真実です。喜怒哀楽の条件は育った環境によって異なり、その表れ方も違います。それほど曖昧でいい加減な現象に私たちは振り回されて生きているんですね。

例えば、ボランティアをしたり、自然を大切にしようと思ったり、いいことをしようとします。その時人は気持ちよさを感じますよね。だからどんどんそれを求める。幸せに向かっているように感じる。だけどもしそれにこだわるあまり、それに賛同しない人や邪魔する人に怒りを感じるなら、苦しみもまた同じく増える。良いことをしても全然苦しみは減らない!と嘆く。
逆に、ものごとにこだわらず他人に対する怒りの感情もまたそこになければ、苦しむこともない、というわけです。

また、例えばお花見で桜を見て『綺麗だなぁ、嬉しいなぁ』という感情が湧き上がってきても、それは長くは続かず、次の瞬間には桜の木の下で食べるお弁当を食べて感動し、お花見が終わればそれらの感情は消えて無くなる。

もし、桜を見て湧き上がる『綺麗だなぁ』という感情が永遠に続くのなら、人は2度と桜を見ないでしょうね、と住職はおっしゃいました。

この世にある全てのものは移り変わる『諸行無常』なのだから、どんな感情もすぐに消えて無くなる。
もし、怒っているのが「私」ならば、怒りが去れば「私」は無くなるのか?喜んでいるのが「私」なら、喜びが去れば「私」も消滅するのか、、そうではないですよね。だから感情=自分ではない。その程度の単なる事象なのだと。

2.感情ってなんのためにあるの?

それは、言葉がまだない時の名残ではないかな?と思います。赤ちゃんは、おっぱいが飲みたい時そのタイミングで貰えなければ泣きます。おむつが濡れて気持ち悪いから変えて欲しいと泣きます。眠れないから寝かせてくれと泣きます。ママが抱っこしてくれたら嬉しくて安心して寝ます。動物も同様。

言葉で伝えることができれば泣く必要も無くなる。ネガティヴな感情が無ければ争いが起こることはないでしょう。だけども、赤ちゃんの時に感情というものを使い意思を伝えるということを覚えたから人は、感情を表現する。言葉は無くとも伝わる。だから、どんな言葉にも感情が漏れなく付いて来る。

3.『無我の境地に至る』

これもよく聞く言葉ですが、ほとんどの方が間違った捉え方をしています。
目を閉じて、無になる無になる無になると唱え、何か別のことを考え始めると、いかんいかん!考えてはいかん!と頭を振り振り、無になれ無になれ無になれ!、、を繰り返す。これ、なんの意味もないです。

『無我』は、そもそも我は無いということ

人は大概の人と理解しあってコミュニケーションを取っていると思っていますが、本当は同じものを違うように見て、感じていても、それをあたかも同じものを同じように見ているかのように、脳が勝手に調整しているから、うまく噛み合っているように感じているだけ。

人はオギャーと生まれて育っていく過程で、親や自分を取り巻く様々な環境や情報が、こういう事象にはこう反応するという方程式を作り上げ刷り込んでいく。そうして形成された「思い込み」が原因で人は様々なことに反応しているというわけです。

先日、こんなことがありました。

1歳の娘は、私が注意をしたり怒ってもいつもケロッとしています。毎日のことだし、怒られてもお咎めが済めば、やさしく抱きしめてチュッチュとしてくれる、とおもってるんですね。
夫の場合は、時々しか怒らないからか、ちょっと注意しただけでもすぐに俯いて口を歪ませ「う、う、ウエーん」と泣き始めます。

ある時、私が娘に注意をした後、夫が明るいトーンで娘を庇うようなことを言いました。なのに娘は夫に咎められたと思っていつものように泣き始めました。

これぞまさに思い込み!本人がいけないことをしてるという自覚がある時、彼女の父親がどんなことを言おうと関係なく、怒られたと思って条件反射的に泣くようになってしまったのです。

4.『瞑想』って何?

瞑想の目的は『心の観察』です。感情は思い込みによって起こる。その思い込み(心の癖)に気づき、それはすぐに過ぎ去っていくはかないものだ、諸行無常で、たいして重要なことではない、ことを知ります。

瞑想はまず、意識を一点に留めておく練習から始まります。呼吸に意識を止める方法や周囲で聞こえる微かな音に耳を澄ませるなどその対象は様々です。

そうしているうちに、いかに自分の心の中が落ち着きなくカオスな状態かということを知ることになります。
幼い子供が、おもちゃを出したかと思えば、違うおもちゃを引っ張りだして、そうかと思えば絵本を持ち出し、今度はどこか違う場所に行っちゃった、、というように落ち着きなく、次々と思考が移り変わるのです。でも普段はそんなふうに思考がグルグル変わっているということに気づいていないと思います。

まさに諸行無常。

続いて、その心の移り変わりを客観的に俯瞰で眺める練習です。最初はすぐにめくるめく思考に巻き込まれて流されてしまいますが、気付くたびに観察を繰り返すことによって、段々と観察し続けられる時間が長くなっていきます。
そして浮かんでくる様々な感情や思考を「〇〇と思うがまま、、」「〇〇と思ってもいいよー」といった具合に流していく。それらにいちいちとらわれていてはなんの効果もないので、流して流して、、というのをとにかく練習する。

呼吸や周囲の音を対象にする他、歩きながら、食べながら、など色々な手段を使って行える瞑想についても教わりました。

5.まとめ

できるだけ主観が入らないように努めましたが、無意識のうちにそうなってしまっている部分もあるかもしれません。ですので、ふーん、そう、なるほどね、そういう考えもあるねぇ、程度にさらっと流して貰えばいいかと思います。(それ以前に分かりづらいかもしれません。もっとちゃんと知りたい方は小池住職の著書を読んでみてください。^^;)

どんなものも偏らない中立を保つというのが大切で、これが正しい、正しくない、とかそういうことは本当はどうでもよい。綱引きで、両チームが同じ力で引っ張ることで中央が保たれるように、考え方も偏り無く、好きすぎてそれ以外を除外するのではなく、ふーん、そう、へぇ、そう、ってそれだけで済ませることができれば、宗教戦争や人種差別もないと思います。

ヨガのアサナ(ポーズ)も、上と下、右と左、前と後ろ、お互いに同じ力でバランスをとるようにしますが、そういうバランスを私たちは身体全体で実感しながら学びます。妄想でも想像でも誰かの体験でもなく、自分の身体を通して色々なことを感じます。

ヨガも瞑想も、現実的で科学的で合理的な「よりよく生きるための方法」と言えると思います。

 

那珂川町にアシュタンガの道場を!!

image
今朝は3時半に目が覚めたので、アシュタンガのフルプライマリーを久しぶりに練習しました。
朝はやっぱり身体が重い!

以前は近所に、早朝からアシュタンガのマイソールクラスや朝練のために解放しているスタジオがありました。

でも今住んでいる那珂川町には、アシュタンガを指導している方も私の知る限りではいらっしゃらないようですし、ヨガスタジオ自体ありません。

ですから、市内に住んでいた今までは、アシュタンガヨガを教えるということに尻込みしていましたが、いなければ私がやっちゃおうかな、と。

それで、コツコツ珂川町のアシュタンガヨガ人口を増やして、みんなで練習場所を確保する方法を考えて、いつかは那珂川町にいつでもどなたでも練習ができる場所をつくろう!と、、そんな目標ができました。

きっとアシュタンガを知らない方との温度差、すごいんだろうなぁ、、でもアシュタンガをされる方にはこの熱い想いを分かっていただけるかと。

夢や目標は公言すべきとのことなので、言ってみました!

ヨガレッスン in 朝倉カフェ

image

image

image

今日は、筑紫野市の朝倉街道駅の近くにある朝倉カフェでヨガのレッスンをしてきました。

当初5名を定員としておりましたが、実際にマットを広げてみると、思いの外スペースが狭く3名でいっぱい、、今後は3名様までの超少人数制で実施することになりそうです。

今回の募集で残念ながら都合が合わなかったという方もいらっしゃいますが、次回は5月の日曜日で考えておりますので、もし、この日にしてほしい!などリクエストがあれば是非ご連絡ください♡

imageランチはこんな感じでしたー!美味しかったです♪imageコーヒーはサービス♡

久しぶりにレッスンで、、

image

今日は、ヨガのプライベートクラスでした。

自宅に生徒さんをお呼びしてのレッスンということで、気持ちよく過ごしていただけるように、と朝からお掃除や片付けなど、あれこれ色々とやりすぎてしまい、レッスンの頃には若干疲れていましたが、なんとか無事に終了し、ホッと一息。

久しぶりにレッスンをして、改めて私はヨガの何を伝えたいのだろう?ということを考えてみました。

難しい課題ですが、私たちは少なくとも「教える」ことを通して「学んでいる」ところがあるので、教え続けること、先輩たちから学び続けること、そして実践し続けること、そうしていくうちに明確になっていくだろうなあと思います。

今日のレッスンで、もっともっと学びたい!という気持ちがまた強くなりました。

春、心機一転。色々なことにチャレンジしていこうと思います!!楽しみ(o^^o)

 

ヨガと食の関係〜サットヴァ・ラジャス・タマス〜


IMG_7379

インドの哲学では、すべてのものは”グナ”とよばれる三つの性質の組み合わせでできているといわれています。

サットヴィック(純粋)
平静を導くもの。
マイルドな味付けで消化が良く体と脳に栄養を与えるもの。(豆類、穀類、野菜、果物など)
ラジャシック(活発)
エネルギッシュになるもの。
食欲を促進させ感覚を敏感にするもの。(にんにくや玉ねぎ、甘いもの、辛いものなど刺激の強い味)
タマスティック(生気がない)
妄想、無関心を導くもの。
不衛生なもの、ジャンクフード、アルコールなど中毒症状がでるもの。

基本的には食べ物はからだの為に取り入れるわけですから、からだが欲するものを食べるのが一番です。そして、生き生きと輝いている人は、やはり身体が喜ぶものを口にしていると思います。

ところが、心が鈍感だとからだが何を欲しているのか感じ取れず、適当に手っ取り早い方法や嗜好の強いものなどを選びがちです。からだが疲れている時こそ、消化の良い優しい食べ物を口にすべきなのに、ビールにスナック菓子、辛いものなどの刺激の強いものなどを食べてしまう・・・こんなことありますよね??

ヨガを行っていくと、不思議と自分が必要とするもの、適しているものを判断する力が備わります。

単純にせっかく清浄な空気をたくさん吸い込んできれいになったんだから、食べ物だって良いものを身体に入れたい、という理由もあるでしょう。

ヨガをする人がサットヴィックなものを好んでいく傾向にあるのは、自然なことなのかもしれません。

ヨガの後に、ヘルシーでからだに優しいお料理を食べて、どれほど身体が喜ぶか、一緒に体験してみませんか??

呼吸、ほぐし、調整、強化の四本柱で
こころとからだを「真っ直ぐ」に。

★レッスン内容
・・・からだを動かしていく際の呼吸法、緊張したからだをゆるめるポーズ、歪み やねじれのある箇所を調整するポーズ、美しい姿勢を維持する筋力強化の ためのポーズ
※運動不足の方、ご年配の方、産後でからだが辛い方にもオススメです。 生徒さんに合わせたレッスン内容で進めていきますので、ご安心下さい♪
★お持ちもの
・・・動きやすい服装、タオル、お水、あればヨガマット (マットをお持ちでない方はお貸ししますので事前にお申し出下さい。)

chirashi_asacafe2

プライベートレッスン

image

2016年より開始予定のプライベートレッスンのご案内です。

お好きな曜日、時間帯でご友人などと心置きなく気軽に参加できるグループレッスンをはじめます。
【こんな方にオススメ】
・小さなお子様を連れてレッスンを受けたい
・知らない人と一緒に受けるのは恥ずかしい
・都合の良い時に受けたい

★場所
講師宅
★スケジュール
レッスン開始時に決めていただいた曜日・時間帯で月に2〜3回程度
★料金
2名2000円×2=4000円、3名1500円×3=4500円、4名1200円×4=4800円、5名1000円×5=5000円
※レッスン開始時に参加人数が5名で、次回以降人数が減った場合でも、料金は5名分の料金となりますのでご注意下さい。
レッスン後には、身体に優しいハーブティーなどをご用意しています。忙しい毎日を忘れ、ゆっくりとリラックスした時間をお過ごし下さい。

新クラスがスタートします。

今年6月、福岡市中央区から那珂川町に引っ越して早くも5ヶ月が経ちました。
近頃は、以前生業としていたwebサイト制作の仕事を久しぶりに依頼されたので、娘をご近所さんに預けてせっせと作業しておりました。が、それもなんとか完成し、次はやっと本業に・・・と重たい腰を上げたところです。^^;

さて、自宅でのレッスンができるようになりましたので、新しいクラスを立ち上げることにいたしました。詳細は、以下のようになります。

通常レッスン(毎週木曜日14:00〜15:10)70分

那珂川町片縄の講師宅で実施します。定員を先着予約の6名様までとした少人数制のゆるりとしたクラスです。レッスン内容は、生徒さんのレベルに合わせた初心者〜中級者向けのハタヨガです。

※完全予約制(前日17:00までにお電話もしくはメール等でご予約下さい。)
※レッスンをお申し込み頂きましたら詳しい場所をお知らせいたします。
※お車でお越しの際は、駐車場をご案内いたしますのでご相談下さい。
※休講、代行のお知らせはトップページの最新情報よりご確認下さい。

毎週木曜日 14:00〜15:10 (70分)
1レッスン 1,500円、4回チケット 5,000円
※ヨガマットは無料でお貸しします。

レッスンの曜日や時間については、他にご希望があればお気軽にご相談下さい。できる限り対応できるよう努力いたします^^

【お申し込みはこちらから】(お申し込みの流れはご利用方法をご確認下さい。)

第2回 ボクササイズ&ヨガコラボイベント!

ボクササイズ1 ボクササイズ2 ボクササイズ3  

春の陽気がぽかぽかと心地よい日曜日、今回第2回目となるコラボイベントが無事終了いたしました。

私は今妊娠7ヶ月なので、ボクササイズは見学しようと思っていたのですが、皆さんの動きを見ていると思わず動きたくなり、結局参加。案外動けるものだな〜と思いながら、汗だくになっていました。いやあ、楽しかった。

やっぱりこの動と静のコラボはイイ!リクエストも多いし、今後も続けていけたらな〜と思っています。今回参加できなかった方も、是非是非いつかチャレンジしてみてください。絶対満足していただけますよ♪