「思い込み」を捨てたら苦しみはなくなる(7日間断食をしてみて)

先週金曜日が新月だったので、急に思い立って断食を始めました。

「断食」というと、飲まず食わずの修行的な感じにも思えますが、近頃流行りの酵素や必要な栄養素を飲み物で摂取しながらの断食ですので、とっても楽でした。

月に数回は1日半の断食をしているのですが、二日以上の断食は今回が初めて。
実践するまでは、私にはできないと思っていたけど、意外にあっけなく完了しました。

【摂取した飲み物】

1日目
朝、昼、夕・・・酵素ドリンク20ccお湯割
その他・・・水、醤油番茶


2日目(宿便排出)
朝・・・酵素ドリンク20ccお湯割
昼・・・コーヒー、ほうじ茶
夕・・・甘酒200cc

その他・・・水、醤油番茶

※少し頭がぼんやり。


3日目
朝・・・酵素ドリンク20ccお湯割
昼・・・甘酒、野菜スープの汁のみ
夕・・・醤油番茶、昆布だし+醤油

※前日、宿便が一気に出てしまってお腹が軽くなった。
朝のマイソールクラスでセカンドの練習をした際も、その軽さを実感。
キツさは一切無し。


4日目(宿便排出)
朝・・・醤油番茶
昼・・・野菜スープの汁のみ
夕・・・野菜スープの汁のみ

※この時点で体重は約3キロ減、体脂肪率0.5%減


5日目
朝・・・醤油番茶
昼・・・甘酒、野菜スープの汁のみ
夕・・・野菜スープの汁のみ

※体重ほとんど変化なし、体脂肪率0.5%減
※朝のマイソールで練習の後、生理が予定通り開始


6日目
朝・・・酵素ドリンク20ccお湯割
昼・・・野菜スープの汁のみ
夕・・・野菜スープの汁のみ

※キックボクシングトレーニング前にVAAM摂取
※体重0.3kg減、体脂肪率1.5%減、生理二日目(経血サラサラで量少なめ)


7日目

朝・・・酵素ドリンク20ccお湯割
昼・・・野菜スープの汁のみ
夕・・・野菜スープの汁のみ

※キックボクササイズ前にVAAM摂取
※体重0.4kg減、体脂肪率0.8%減


 

今回の断食の目的は、デトックスをして、乱れた食生活&身体をリセットすること。ついでに体脂肪率を減らして体を軽くし、ますますアシュタンガの練習に励みたいというものでしたので、数値的にも実際の身体の状態も自分的にはとても理想的です。

 

何より、この一週間我慢というものをしていないので、一切心が乱れず(食べたい欲求無し、イライラも無し、お腹が鳴ってもその感覚を軽くスルー)、このまま食べることをしなくても生きていけそうだ・・・と感じ、食に対する価値観が大きく変わったことに驚きました。

「食べないと死んでしまう、力が出ない」という思い込みを捨てる。

「食べる楽しみ」という思い込みを捨てる。

「私はそれほど食べていない」という思い込みを捨てる。

意識を変えるだけで、全く苦しみでは無くなります。

(持論:たばこやアルコールをやめたくてもやめられないのも思い込み)

断食6日目のキックボクシングトレーニング
多少パンチ力やキック力は弱々しかったかもしれないけれど、体は軽かった!

断食中、いつも通りの生活、いつも通りのアシュタンガヨガ練習やキックボクシングのトレーニングをしていましたが、いつも以上に動けてビックリ。

でもさすがに、タンパク質を摂ってないので、若干筋肉が悲鳴をあげていました・・・。やっぱりそういうものをちゃんと取らなきゃいけませんね!

 

断食がこんなに楽だと感じた理由は、最低限生きるのに必要な酵素や栄養素を摂り続けていること、そして、これまでヨガや瞑想を続けてきて、意識の持ち方、意識の変え方、コントロール力が自ずとついてきているからではないかと思っています。

断食は上手に適度に行えば、体にとても良い行為なので、あまりに食べ過ぎの現代人には必要な行為じゃないかなと思います。

免疫力や自然治癒力が高まり、思考が明晰になり、心が落ち着きます。

 

断食はあくまで無理のないよう、調子の悪い時に食事を控えるとか、一食分抜くとか、月に一回、1日だけ食べないとか、時々胃腸を休めてあげると身体が喜びます。

 

もし苦しさを感じるのなら潔くストップして、ヨガの練習にいそしみ気分転換するのをオススメしますよ。

ヨガは継続するほどに必ず意識が変わり、身体が変わります。