ヨガの指導と子供の教育「楽めば自然と上達し継続できる」

うちの4歳の娘は、どちらかといえばなんでも平均的で平凡なタイプだと私は思っているのですが、絵に描いたような努力型で、毎日コツコツ努力を積み重ねることができます。

photo 井上誠二郎さん

それは私が口を酸っぱくして事あるごとに「継続は力なり」論を唱えているからそうなったのかもしれませんが、今の娘にとって練習を続けることは、当たり前になっています。

練習を続けることで、難しそうに見えることでも必ずできるようになるという体験をたくさんさせています。

 

例えば、幼稚園の帰りに園庭でうんていの練習を毎日しています。

今学期中に全部渡りきることが目標ですが、もうあと少しのところまできています。基本的に娘が自主的に練習をしているのを、私は見ているだけです。でも今の娘に何が必要かもわかっているので、伸び悩んでいればそれとなくこうしてみたら?と言ってみます。

初めの頃は、放っておけと言われていましたが、最近は素直にアドバイスを聞けるようになってきました。素直さは上達の鍵です。やり方がわかれば、あとはひたすら練習。練習していれば、自然と体(筋力)が追いついてきます。

 

“just enjoy”

先ほども言いましたが、うんていを毎日練習しているのは娘です。自分で「今日はどこまでいけるかな?たくさん渡りたい!」という気持ちでやっているのがわかります。少ししかできない時は悔しがり、たくさん渡れたらドヤ顔。嬉しさが滲んでいます。

私も前進すれば一緒に喜び、なかなか進まなければ励まし、できようができまいが、練習すること自体を一緒に楽しむ。

大人も子供も単純に楽しいということが、モチベーションになるでしょう?

だから「ただ、楽しもう」ってわけです。

 

ところで、ヨガの指導と子供の教育において大切なことの共通点は、「ありのままを観察し、見守り、必要があれば手を貸す」だと思います。

 

ヨガの指導では、生徒さんそれぞれの体と心のありのままをみて、その時の生徒さんにとって最良のサポートをする。

子供が、何かをできるようになろうとする時、今の体と心の状態と可能性を見極めて、最良のサポートをする。

 

いずれも、寄り添いながら過干渉をしない。

そんなところは、全く同じだなあとつくづく感じます。

練習をしていれば必ずできる時がやってくると強く信じて、励まして、その時がくれば、一緒に喜ぶ。頑張ったり無理しなかったり、心と体の微調整を一緒にしながら、とにかく続けるということに注力する。それが私の仕事かなあと思っています。


< 12月20日追記 >

ついに終業式前日、園庭のうんていを全て渡りきることができました^^
母は、とても嬉しく感動しました!娘はといえば、騒ぎもせず冷静でしたが、顔から興奮と喜びが滲み出ておりました。よく頑張った!