開墾!畝立て!那珂川町不入道に「みもり自然農園」が完成しました

ヨガの生徒さんでもある「THREE TREES」の三森さん(ジュエリーデザイナー兼カフェオーナー)が、敷地内にある土地を畑として使ってもいいよ〜!とおっしゃってくれたので、そのご厚意に甘えて、今回念願の畑作りに着手しました。

自然農を始めるのにもってこい!な荒地
先日一緒に松国自然農園へ見学に行った美和ちゃんと夫と娘

自然農法は耕さないので、草刈りをしたらすぐに畝立て。

地上部の草をひたすら刈っていく。ほんとは大きな草の株も抜かなくていいらしいのだけど、よくわかっておらず、鍬で掘り起こしてしまった。

刈った草は、畝ができたらその上にかぶせるので、まとめて端に置いておく。

紐で畝のライン引き

 

いざ、畝立て!畝は日中満遍なく日が当たるよう南北に立てる。

 

溝を掘り、掘った土を左右の畝部分にかける

元々田んぼにしていた場所で、掘ると粘土質の土が混じっていたり、陶器のかけら、ゴミなども出てきた。それらを丁寧に取り除きながら、畝を作っていく。

ミミズや幼虫などを見つけたらそっと土を被せてそのままにしておく。

畝を一つ作ったところで、1日目終了。

私たち家族は、畑の上にある丘でそのままキャンプイン!

近くのお風呂屋さんに行って夕飯を済ませて戻ってくると、綺麗な満月
翌朝、パパが薪割り、火起こしして、ダッチオーブンでシチュー作り。その間、私はひたすら畝立て
美味しいシチューを食べてひと休み。畑仕事はとにかくお腹が減る!!

 

翌日、二日目の朝。助っ人登場。

 

畝立て完了

 

さっそく種降ろし
自然農の見学会で分けてもらったそら豆の種
そのほかにも九条ネギ、おおざやを植えました

 

種降ろしが終わったら、上から刈った草を全部かける
イノシシ除けのネットで囲って終了

 

三森さん(私たちは勇さんと呼んでいる)、本当にありがとうございます!!

感謝と敬意を込めて、この畑の名前を「みもり自然農園」にしました。

これからもみんなで大切に可愛がっていきたいと思います♡

【参考にした本】