米粉でつくる野菜の重ね煮スコーン

image

野菜の重ね煮は、バリエーション豊富で重宝しています。

野菜が持つ陰と陽の性質を利用して調理する方法なのですが、鍋に重ね塩を振り、下から陰性のもの、順に陽性のものを重ねて、最後にまたお塩を振って、弱火でじっくり煮込むだけ。

水を使わないので、冷蔵庫に保存しておけば日持ちするし、色々なお料理にさっと使えて便利です。何より野菜本来の味を引き出し、皮もむかないので栄養価も高いというのがいいですね!

うちはもうずっと野菜は皮付きのまま食べてるし、味付けも薄味なので何の違和感もなくそのまま頂いたりしますけど、お味噌汁の具財にしたり、炒め物に使ったり、朝のパンに乗せてチーズをかけてチンしたりもします。

今回のように、焼き菓子に使ったりもしますよ!

娘は気に入ったようでもりもり食べて、朝作ったばかりなのに午前中のうちになくなってしまった!!

「米粉でつくる野菜の重ね煮スコーンの作り方」
【材料】バター25g、米粉 130g、ベーキングパウダー小さじ1、塩小さじ1/2、砂糖大さじ1/2、甘酒50cc、重ね煮(細かくしたもの) 1カップくらい

1.米粉、ベーキングパウダーをふるいにかける
2.塩、砂糖を混ぜる
3.バターをかたまりのまま粉をまぶして潰し混ぜていく。粉になってしまうまで。
4.甘酒と重ね煮を混ぜてまとめる
5.麺棒で伸ばし型をとって天板に並べ180度に温めたオーブンで20分くらい焼く。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA