妊娠が分かったらすぐに骨盤ケア開始

妊娠をすると、3ヶ月くらいから産後数日までリラキシンというホルモンが大量に分泌されるようになり、女性の骨盤を支えている靭帯を緩めていきます。出産時には最大限にゆるみ、赤ちゃんが産道を通りやすくするのです。まさに母体の神秘!
そして産後2ヶ月くらいかけて緩んだ靭帯は元に戻っていくそうです。

むくみや下半身太り、O脚などの原因は骨盤の状態が影響していることが多いです。

私自身、ヨガをすることによって、思春期からのコンプレックスであるO脚や下半身太りの程度がかなり軽くなりましたが、まだまだ満足のいくまでには至っていません。

妊娠が分かった時、私たち夫婦にとって待望の赤ちゃんだったので、天にも昇るような気持ちでした。それとともに「骨盤を締めて小尻を目指すチャンスが訪れた!」という、決して女性を忘れていない私もおりました。けれど、本当にそんなことができるのでしょうか。私は自らの身体を実験台にすることを決意しました。

大切なことは、妊娠初期から骨盤ベルトや体操をして骨盤のケアをすること、出産、産後のケアを「痛み」や「疲れ」に負けず怠らないこと、でしょうか。
少々面倒ですが、それは同時に母体や子宮を、より健康で心地よいものにしていく作業でもありますのでとてもやりがいがあります。

初産の私にはまだまだ未知の世界。ありがたいことに周囲には出産育児経験のある友人たちがたくさんいるので、色々勉強をさせてもらおうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA