罪悪感と開放感

IMG_9235

私も夫も、仕事や趣味の関係でとてもたくさんの人とふれあう機会があります。

常に一緒にいる娘も、たくさんの人と出会い、色々な状況の中で色々な経験が出来ていると思います。

どこへ行っても可愛がられ、天真爛漫な娘。

IMG_9320

IMG_9340

ところで、近頃は、私が仕事をしていたり家事をしている時に、遊んで!ねぇ、まま!遊んでってばー!とせがまれると、ちょっと待って、今忙しいから、と我慢をしてもらうことも増えました。

 

2歳くらいまでは、とにかく娘優先の生活だったけれど、今では随分と自分がしたいことをさせてもらっています。

娘の成長はありがたい。

産んだばかりの頃は、娘に全てを捧げる所存でございましたが、あの気持ちは一体どこへ行ってしまったのでしょうか。

 

娘に我慢をさせるときの少しの罪悪感と、自由に振る舞える開放感。複雑ですが、仕方がない。人間だもの。

幼児のための登山用ゲイター(スパッツ)を作っちゃいました。

ぬかるみの多いところを歩く登山に、あるととっても便利なゲイターというものがあります。

モンベルで買ったゲイター

これ、子供用ってないんですよね。

だから、先日の九重登山の時には、セリアで買った園芸用のアームカバーをそのまま娘の足に履かせてました。

登山装備アームカバー

 

安上がりでとってもいいんですが、履かせたり脱がせたりするときに靴を脱がせないといけないし、歩いているうちにずり上がって(下がって)きたりもするので、どうにかしたいなーと。

脱ぎにくい

どうせなら、ちゃんとゲイターにしよう!と思って、リメイクしてみました。

 

【使用した材料】
※自分の持っているゲーターに使われている部品をそろえようと思えばそろえられましたが、出来るだけ軽量化するため必要最小限にしました。

1

・オープンファスナー 30cm ×2本(サンカクヤ)
・マジックテープ 30cm ×2本(セリア)
・アウトドア用ゴム (セリア)
・園芸用アームカバー 2組(セリア)

オープンファスナー

フック

アームカバーのとじ部分を開いて、オープンファスナーとマジックテープをミシンでダダッと縫い付け、余分に用意したアームカバー(2組目)の片方だけを使って35cm×15cmくらいのカバー(ファスナー部分を覆う)部分を作り、それぞれ縫い付けて、靴ひもに引っ掛けるフックと、靴底にまわして固定するゴムを縫い付けます。

完成
完成品
keenの登山靴
フックはここに引っ掛けます。

 

10

11
サイドのフックはゴムをかけます。

週末、山に行くので使ってみよう!!

編み物教室、やっちゃいます。

【応募終了】赤ちゃんも大好き♡可愛いラトル&にぎにぎを編もう!【かぎ針編み小物教室】

私の住む那珂川町で定期開催されている「ママコLab.」で、編み物講座をすることになりました。

え?ヨガの先生なのに?編み物?

 

ですよね〜〜。

 

ママコLab.で行っている講座は、もちろん様々な資格をお持ちの先生が来られるものもあれば、今回の私のように一般のママの趣味や得意なことを活かして教室を開くことが可能です。

へ〜、そんなのあるんだ!と少しでも興味をお持ちの方がいらっしゃれば、是非是非お声かけください♪一緒にいろんな企画を立てて楽しみましょう♡

日程は、12月8日(木)です。お時間のある方は、是非お友達を誘って遊びにいらしてくださいね!託児も無料で行っていますよ!

詳しくは、最上部リンクから「ママコLab.」のサイトをご覧下さい。

 

 

産後の大変さや辛さを吐き出そう!

image
娘が1歳になった頃。この頃はまだ授乳中で赤ちゃんって感じで手がかかった

現在、我が愛娘は2歳2ヶ月。

2歳2ヶ月
2歳2ヶ月

もうすっかり記憶力も理解力もついて、知恵もついて、私が数時間色々なことをできるくらい一人で遊ぶこともできるので、とても楽になりました。

そこに至るまでのママは毎日が戦争。

あんなに疲れることはないってくらいしんどかったσ^_^;

「産後の悩み」で検索するとこんなにたくさん出てきます。

 

産後太り
骨盤ゆるゆる
おっぱいの悩み
尿漏れ
産後うつ
夫婦関係がギスギス
脱毛

カラダの黒ずみ
腱鞘炎
断乳

吐き戻し
オムツ
夜泣き
乳児湿疹
お風呂
頭の歪み
離乳食
寝かしつけ
外出

うんうん、わかるわかる!
うんうん、あるある!

そんな感じで、悩みや不安をたくさん共有して、悩みを解決していきましょう(*^o^*)

私も、産後ヨガに通っていた頃、他のママの話を聞いて、ああ、こんなに辛いのは私だけじゃないんだ!みんな同じことで悩んでる!ってわかっただけで、ホッとしてとっても楽になりました。

そして、ヨガのポーズでカラダの歪みや呼吸を整えて、スッキリ、リラックスできたことを覚えています。

どうぞ周辺にお住まいのみなさん、遊びに来てくださいね!

 

【詳細・申込】

と き/2016年9月24日(土) ヨガは10:00〜12:00

会 場/博多南駅前ビル4F

参加費/1500円

託児/事前申込

講座の申込は以下よりお願いします!

https://www.facebook.com/events/348241958840258/?ti=icl

 

 

梅雨の過ごし方

image
レインコートと長靴でお出かけ

蒸し暑い日が続いています。

鬱々とする湿気や雨の中、あまり活動的にはなれませんよね。

また、体調不良を起こしやすい時期です。食事や運動でしっかり体調管理しましょうね!

冷房や冷たいものばかりを飲んだり食べたりして身体を冷やさないこと、老廃物や余計な水分を、運動やお風呂などで汗としてじゃんじゃん流しましょう。

 

さて、今日は娘と近所のスーパーまで歩いてお買い物に行きました。

大抵途中で抱っこと言い出すので、帰りは傘も買い物袋もあるし、カッパ着せてるから抱っこしたら濡れるし、雨の日は車がないとほんと不便だわ〜、、なんて。

でもね、娘はゆっくりゆっくり歩いて、水溜まりにも全部入って、行きも帰りも一度も抱っこせずに頑張りました。

ありがとう、娘!

トイレもお昼寝も上手になったし、会話もしっかりしてきたし、とても成長を感じる今日この頃。

梅雨が明ける頃には、オムツも外れて、またひとつステージが上がるね!

 

 

 

ホーローおまるでトイレトレーニング

image
ころんと可愛いおまる、娘もお気に入り♡

本格的にトイレトレーニングを始めました。

幼稚園、テレビ、youtubeなどの影響もあって、少しずつトイレで排泄することを理解し始めた頃です。

 

オムツを履くのも嫌がるようになりました。

トレーニング3日目の今日は、自らおしっこもウンチもおまるできちんとしていました。

私は、おまるの中の立派なウンチを見せてもらって、とても嬉しく「おめでとう!!やったね!!すごい!!」と拍手しながら喜びました(^∇^)

娘もなんだか誇らしげな顔。笑

こうやっていろんなことができるようになっていくんですね。

トイレのしつけは、成長への大きな一歩。

私が子育てにつまづいた時に引っ張り出す教科書「子どもへのまなざし」に、しつけというのは、強制することではなく、教えて待つことだと書かれています。

いつかはできるようになるのだから、その時を楽しみに待つ心の余裕を持っていたい、それが子どもの成長への近道なのだと。

 

ところで、私、以前は植物を育てるのが苦手でした。

「土の表面が乾いたら水やりをする」と説明書きがあったのでその通りにしていてすぐに枯らしていました。

原因は根腐れです。

それでも根気よく園芸を続けていると、ちゃんと植物を観察していれば、本当に今お水が必要なのかどうか分かるんだということに気づきました。

子どものしつけも、ただやみくもにやるのではなく、子どもが今それをできる状況なのかをよく観察して、タイミングが合えばすんなりできるようになるということもあると思います。

 

似たような話で、ヨガの難しいアーサナも、日々の積み重ねで身体が少しずつ強くなっていき、そのときの身体の状態によって、すんなりできたりします。

反対にまだからだの準備ができていないのに、ただ最終形に近づこうと見よう見まねでやっていたらどこかしらを痛めた、なんてこともよくある話です。

インストラクターとしては、生徒さんのからだの状態をよく観察して、判断しなければ怪我をさせてしまう可能性があるということを肝に銘じなければなりません。

 

育児も園芸もヨガも、基本は同じ。洞察力が重要!洞察力を鍛えるには瞑想が効果的!

 

以上。

梅はその日の難逃れ

image

暇さえあると見ちゃう大好きな映画「めがね」の中に出てくる言葉『梅はその日の難逃れ』。

この言葉に表されるような”万病に効く”薬効は梅干しに多いのだろうけど、自分でやるには難易度が高いので、簡単な梅酒と梅ジャムにしました。

(梅干しは『おばあちゃんが作った無添加梅干し』というものを月イチで近所のスーパーに来るのでそれを頼りにしています。)

落ち込んだ時はね、、、

image
私、もう歩かんよ。疲れたし。

この春から幼稚園の未就園児クラスに行き始めた私と娘。

慣れない雰囲気、緊張する場所、そして雨!!!

急ごうとして娘を抱っこする度に長靴がポロっと脱げてしまい、何度も拾いに戻る。

傘も荷物も娘も落ちた長靴も、クラスの中で居心地悪く感じている自分の心も、色々ゴタゴタしちゃって、なんだかとっても疲れました。

娘にも私のイライラが伝わり、それが嫌だったようで余計に困らせるようなことをしてくる。

そんな娘を見て、ハッと気づく。

ごめんね、あんたも疲れたよね。もうちょっとがんばろうね。

娘は、静かにウンとうなづいて残り数十メートルをしっかり歩いてくれました。

こんなことの繰り返し。

こんなことで落ち込む単純さ。情けないけどこれが現実。

 

こういう時は、日々の業務を適当に済ませ、他は何にもしない!

image
大きいマシュマロが届いたよ。

友達から届いた甘いものでも食べて、コーヒー啜ってさ。

ま、いっかー。

もう、しらーん。

てな感じで。よかろー。

 

 

中立的な生き方、考え方

image

ソファで娘を抱っこしてお昼寝させている時、とても心が静かになります。

頭も心もひと休み。

 

最近の私はとても忙しくしていて、「暇だねぇ、何して遊ぶ?」と言いながら娘とダラダラ過ごすことがなくなってきました。

私は暇なのも忙しいのもどちらも苦手。

適度な具合で日々を過ごせたらこんなに幸せなことはないですよね。

娘の寝顔を見ていたら、目標のための時間的投資は必要だけど、頑張りすぎず頑張らなさすぎない中間くらいの感じで、過ごせたらいいなぁ〜と改めて感じました。

 

地道にコツコツ。


 

image image

チャリティヨガイベント、参加者募集中です!!お友達同志やご家族で是非ご参加ください♪

子供が安心して甘えられる存在でいたい

image

先週末から三日間、ヨガ指導者の専門的な講座を受講するために1歳9ヶ月の娘を両親に預けました。

初日と最終日は私も実家に泊まったので丸二日間は娘に会えませんでした。

受講中、娘は元気にしてるかな?大丈夫かな?と気になって電話をしてみますが、母は「とってもお利口さんにしてるよ」と言います。「良かった〜。よろしくね(o^^o)」と言って電話を切りましたが、心の中はかわいそうなことをしたなぁ、、と少し複雑な気持ち。

最終日の夜、二日ぶりに再会した娘はお風呂上りでオムツ一丁。

名前を呼ぶと嬉しそうに駆け寄ってきてハグしたものの、表情が変!!

思い詰めたような顔、ぎこちない笑顔、時々肩をすくめて首をかしげニッコリ、、なんて今まで見たことのない仕草をしたりする(私のご機嫌をとるポーズかな?)。

急に大人びた雰囲気。

image
娘におみやげとして買って帰ったウサギのポーチ。なぜかパパの靴を履く。

お風呂に入るから待っててね、と言うと彼女は泣きそうになるのを我慢して足をブルブル震わせながら、私の服を握りしめる。心臓がバクバクいってるのが分かる。

私は堪らなくなって娘をギュゥーッッと抱きしめながら、「ごめんね、泣いていいとよ、もう我慢せんでいいとよ、寂しかったね、、」

うん、うん、と頷きながら抱っこを求め、そして、やっと、、娘は大粒の涙を流して「ウエーん、、」。・゜・(ノД`)・゜・。

結局私はお風呂には入らず、早々に布団を敷いて娘を抱きしめながら眠りました。

娘は預け先ではとても「いい子」でいられるタイプ。でも内心はすごく不安で寂しくて心細い。その証拠に、私に再会した後しばらくは必ず荒れるし甘えるし、恨めしさや怒りを吐き出すかのように、激しく泣く。

だから私は預けた後しばらくは、できるだけ娘のそばから離れずに、甘えに応じるし、落ち着くまでは、ワガママも聞く。

この子が外で「お利口さん」を演じられるのは、素を出せる場所がちゃんとあるから。どんな自分でも愛し認めてくれる存在があるから。

お利口さんじゃなきゃ愛してくれないって思ったら、親の前で優等生を演じ、外で鬱憤晴らすために悪いことをしますよ。

こんな悪いことしてる自分は愛されないよね?でもこんな自分であっても愛されたい!だから気づいて!って思ってる子はそこらじゅうにいます。

だから、親都合の甘やかし(黙らせるためにお菓子を与える、DVDを見せ続けるetc)ではなく、子供の心を安心させるために甘えを受け入れることはとても大切だと思います。(もちろん、自立させるための躾は必須!飴と鞭ですね)

こうやって、くっついたり離れたりを繰り返し、色んな場面で色んな対応をしながら、少しずつ脳や肉体や心が成長をしていくのを辛抱強く見守り、時に委ね、応じていきながら、自立させていく。

そして、いつか、私たちの手から別の誰かの手へと渡り、旅立って行く日がやってくる。その時に、ああ、この子にはもう何も言うことはない。と、安心して笑顔で送り出せるようになっていたいな。

なんて、、絶対泣くけどね。