親子、友達、人は共に成長していく

不入道水辺公園にて川遊び

先日、那珂川町にある川に遊びに行った時のこと。

川から上がって、国道の信号のない横断歩道を渡ろうとしていた私たち。手前の車線、右側から来た車が横断歩道手前で止まってくれたので、軽く会釈をして左側を確認。左側からは、すごいスピードでワゴン車が走ってくるので、右側に立っていた娘の手を繋ごうと右側を見た瞬間、娘がすでに横断歩道を走って渡っていく・・!あっ!!!と叫ぶと同時に右側で止まってくれていた車がクラクションを鳴らす。

左側から走ってくるワゴン車の娘との距離は10m〜15mくらい?
娘は中央線くらいまで行って、慌ててこちらを振り返り、同時に私が伸ばした手を繋ごうと戻ってくる・・・

この一瞬の出来事がスローモーションで脳裏に焼きついた。顔が真っ青になるとはこのこと。

横断歩道近くに人がいれば徐行しなさいよ!というドライバーへの怒りと、最初から注意して手を繋いでいなかった自分自身への怒り、周りが見えずについ走ってしまう娘への怒り。鼓動が早くなりお腹がムズムズした。

「娘が車に轢かれて死んだら嫌だ。」

想像したら、胸が苦しくなる。愛は執着というけれど、子供に執着するのは普通の親なら当たり前のこと。だって愛してるんだから。

 

兎にも角にも、無事でよかった。

 

バレエ教室が企画したワークショップに参加。

娘は7月で4歳になりました。

毎日たくさんのことを吸収してすくすく成長しております。

時には激しく反抗し、私たちを大いに困らせてくれますが、どうにかこうにかやり過ごしながら共に成長しているといった感じです。

娘が大好きな旧友とアイスの争奪戦。可愛いったらない!

4月から町立幼稚園に通い始めた娘。

1学期は新しい幼稚園のお友達になかなか馴染めず悩んだ時期もありましたが、夏休みに入る前には少し落ち着いてきました。

子供にだって、誰と気が合う、合わないというのはあるし、そういうことも含めて娘の性格というものが少しずつ浮き彫りになってきたような気がします。

『友達やパートナーの選び方』

“自分よりも性格が良いと思える人、自分の心を常に見張り、向上していこうとしている人と一緒にいよう。

そうじゃない人といるくらいなら、いっそ一人ぼっちでいる方がよっぽど幸せ。”

————「ブッダの言葉」より

 

友達だって、自分で選んでいいわけです。

無理して一緒にいる必要はない。大切なのは自分の心を悪くしないこと。意地悪にならないこと。

澄んだ川の水のように、心もキラキラ透明でいられるように。

ヨガ的食についての備忘録

【朝食】

太陽が昇る頃は、危険物・毒物を一番感受しやすく、体の抵抗力も一番低下する時間帯なので、添加物の多い食べ物、脂っこい食べ物、体の負担になるような食べ物は避ける。

オススメの食べ物

果物、ナッツ、種子、海苔などの海藻類、梅干し、八丁味噌などの発酵食品 +野菜

【昼食】

玄米、そば、ビーフン、全粒粉小麦粉製品、さつまいも、オールブランなどの低GI値食品 +野菜

いつかの昼食

【夕食】

タンパク質や脂質を摂るために、白身の魚や鳥ムネ肉、ささみなどのホワイトミート類 +野菜(肉にはクレソン、キャベツなど、魚にはミョウガ、大根、しそ、山椒、ワサビなど)

いつかの夕食

※必須アミノ酸を含む食品

ナッツ類、種子類、豆類、バナナ、さつまいも、じゃがいも、とうもろこし、人参、キャベツ、カリフラワー、なす、トマトなど

 

※貧血気味な時

青菜を塩・醤油・味噌などで味付け、海藻、鉄火味噌

※冷え性

血液や体液が冷えて体を巡るのでホルモン異常を起こす。
また、腎臓が弱るとメニエールなど耳のトラブルを起こす。
(腎臓は、化学物質などを悪いものを排出するフィルター)

→腎臓(腰のあたり)を温める +甘いもの(砂糖や果糖)は大敵なので避ける
※甘いものを摂るときは塩を一緒に摂ること

 

自然農と子育て

自然農は、「自ずから然らしむる」宇宙の営み、いのちの営みに沿った農法・栽培法です。

耕さず、虫や草などを敵とせず、農薬・肥料を用いない。

それは、そのまま育児にも置き換えることができます。

 

育児書にこう書いてあるから、昔からそうだから、常識だから、、ではなく、

過干渉はせず(耕さない)、常に見守り必要があれば手を貸す(応じる)。

一般的に害と思われるものでも、実は子供の生育に役立つものもあるので(インターネットやゲーム、アニメや漫画、大人同士の関わりの中で過ごすことなど)それを見極め、すべてを排除せず、子供が興味を持てば責任を持って与える。(草や虫を敵としない)

ただし、絶対的に害になるものは与えない。醜悪なものを賞賛する誤った考え方(テロ、戦争、核、その他犯罪)が世の中に存在するありのままの事実と正しい見方をしっかりと教育する。(農薬・肥料を用いない)

他にも色々と細かく参考になることはあるのですが、この三つだけでも、育児をしていく上での大きな指針となり得るのかなぁと思います。

そうやって伸び伸びと育つ子供は、きっと聡明でまっすぐで、世間ずれすることなくエネルギーに溢れているような気がするのです。

 

さらば、電子レンジ

先日、10年以上使ってきた電子レンジが、最後に「ブッ!」という変な音を出して、動かなくなりました。

冷凍ご飯や冷凍したお肉、おかずの温め直し、朝食のパンを焼くトースター的役割、焼き菓子を作るオーブン的役割を果たしてきたこの電子レンジですが、これを機に、電子レンジを使わない生活を始めようと思います。

 

食材はできるだけ買いだめをしないようにしたり、仕方なく冷凍したご飯やお肉は、使う前の日に冷蔵庫へ移して解凍、フライパンや蒸し器で調理したり、おかずはその都度「食べる分だけ」を作るようにしたり、パンはガスコンロ&フライパンで焼くし、焼き菓子は魚焼きグリルを使う・・・・

こんがりカリッと焼けて美味しい!何もつけずにいただきます!

案外困りませんね〜〜

 

ところで、電子レンジは、物質の分子を振動させ、その摩擦熱で温めます。

熱は一気に上昇するものの、マイクロ波の照射をやめると直ちに温度が下がり始めます。

それに対して、火や遠赤外線で加熱し温めたものは、加熱をやめた後も少しずつ温度が上昇し続け、温度が下がるのもゆっくり。つまり、お腹の中に入ってもしばらく温かいままなのです。

ああ、なるほどねえ〜〜。

電子レンジは、体を冷やす原因にもなっているんですね。

冷えは万病の元。

私たち大人はもう死に向かって進んでいますが、娘はまだこれから。大人になるまでにできるだけ無駄な負担をかけない良い環境を作ってあげたいなぁと常々思っています。

便利な世の中ですが、皮肉なことに不便で手間がかかるものほど、身体には優しいんですよね。

 

さらば、電子レンジ!

簡単なようで難しく、難しいようで簡単なことってなぁに?

先日三歳を迎えた娘

「三つ子の魂百まで」といいますが、私は娘を産んだとき、「よし、この子が三歳になるまでとにかく愛情を注ぎまくってやるぞ!」と決めました。

実際に三歳になるまで、色々な幅広い方法で、たくさんの人の協力を得ながら、かなり意識して愛情を示してきたつもりです。

 

今の娘の姿は、その結果だと感じています。

 

さて、人は誰かの愛情というものを感じなければ、心が寒くて寒くてどうしようもなくなる生き物だと思います。

子供が小さい頃、特に3歳くらいまでに注ぐ親の愛情って、シンプルですよね。小さい子供が欲するものは限られているから。

それが、成長すればするほど、注ぎ方が変わってくる。

だけど愛情は、一度しっかりインプットされたら(私はちゃんと親に愛されているという自信を持てたら)、次のステップへ進めるものだと思います。

 

人が最初に愛情を感じるのは、親との間。

そこで感じることができない時には、他の人に求めるなりしてどうにか心の隙間を埋めようと必死になる。

 

昔から、グレた子供が早くに妊娠したりさせたりするケースは典型的で、親から愛情を感じられなかった子は、恋人という存在にそれを求めたり、何かに依存する形で補おうとする。

 

また、親から愛情を感じ取ることができたとしても、それが条件付きであると勘違いしてしまうケースもある。

いい子でなければ愛されない、特別な存在でいなければ注目されない、と思い込んで、勉強やスポーツに必死になったり、ちょっと変わった子を演じることで、注目を浴びようとしたりする。

だけどやってもやっても満たされない、、

そして頑張っても無駄なら、もうめちゃくちゃやってやると、自暴自棄になることも、、、。

 

何が言いたいかというと、何をやっても満たされない、報われないと思っている人って、結構いると思うんです。

 

そういう人は、心の奥底に、ずーっと解消されないで残っている「親に無条件で深く愛されたかった」という思いがあるんじゃないかなぁと思います。

それが解消されない限り、何も変わらない。

別の場所で頑張ったり、代わりの人を見つけたところで、堂々巡りになってしまう。

 

逆に言えば、問題の根本が解決すれば、すべてうまく進んでいく、といえます。

 

親は、親自身がそういう思いを持って苦しんでいる場合、子供への愛情を持っていても、その伝え方がなかなか分からない。伝えなければいけないという思いすら持っていないかもしれない。

 

色々な考え方がある中で、私は、誰にでもそういう愛とか慈しむ気持ちはあるけど、それを伝えること、伝える手段を知らないだけだと思います。

 

途中で誰か大切な人(友達、先制、恋人、伴侶、など)ができたとき、心に温かいもの、愛情を知ることができたとしても、幼いときに開いた穴は、開けた相手が埋めてくれるまでなかなか埋まらないもの。

もし、まだその相手が生きており、チャンスがあるのなら、是非、どうにかして埋めてもらう努力をしてみるといいと思います。

多くの場合、「愛されなかった」という勘違いとか思い込みであることが多くて、本当はお互いずっと心の奥底にわだかまりを持って暮らしているかもしれない。

 

もし、もう埋めてもらえる相手がいないのなら、「そっか、自分は親に深く愛されたかったんだなぁ、寂しかったんだなぁ」と、そんな自分を素直に受け入れて、その心をギューっと抱きしめるような気持ちを持って欲しいと思います。

そうするだけで、少しずつ何かが変化していくと思います。

絡まった糸を一本ずつ解いていくように、時間はかかるし、時々イライラするかもしれませんが、それでもいつか必ず、いい具合に解けていくと、私は信じてます。

 

親子の良い関係とは(幼少期編)

娘は預け先などでよく「いい子だね」「よくいうことを聞いてお利口さんだね」と褒められるんですが、確かによそ行き顔といいますか、表向きの顔はそうかもしれません。

でも、私たち親の前では、ちゃんと聞かん坊、暴れん坊の面を見せています。

本当にいい子っていうのは、「扱いやすい子」ではなく、年齢相応の成長をしている子ってことだと思います。

娘はもうすぐ3歳になりますが、虫の居所が悪い時には、なんでも嫌って言いますし、癇癪起こして手がつけられないようになったり、「ママなんか大っ嫌い!!!」と言ってどこかへ走り去っていくわりに、ほおっておいたら「ママがいないと寂しい」と言って泣き叫びます。

支離滅裂な訴えをしつこくしてきたり、怒って泣いたかと思えば、すぐにつまらないことでゲラゲラ笑ったり、、、、

赤ちゃんから幼児となり、そこからもう一つ成長をしようとするときに、よく見られる子供そのもの。

暴れる娘を抑え込むのは簡単なのですが、もう物事がわかってきている年齢だけに、力づくでどうにかしようとしたって、ますます抵抗心に火をつけるだけであまり効果はないんですよね、、、。

それに、娘を叩いたりすると自分自身が苦しくなる上、「目には目を」という乱暴的な解決法ではなく、平和的な解決法があることを学んで欲しいので、思わず手をあげたくなるところをグッとこらえます。

 

怒鳴り泣き叫ぶ娘には知らん顔、叩いたり蹴ったり暴力をよこしてくれば無抵抗、あるいは「叩かれたり蹴られたら痛いし、怖いからもうこっちへ来ないで!」と恐れるそぶりをすると、かなりショックを受けたみたいで、「ママ、ご、ごめっ、ごめんっ!!もう、叩かない、、から、来ないでって、言わないでっ!」としゃくりあげながら自分から謝ってきました。

ああ、ついに自分で感じて判断して「ごめんなさい」ができるようになったなあ、と感動して、私もついついもらい泣き。「わかった、もういいよ」とギュッと抱きしめました。

これまで寂しかった経験をひとつひとつ話してくれる娘。全部言い終わったら安心して眠りにつきました。

本気でぶつかり合っている私たちですが、あまり見られたくない程、激しいです。ですが、ストレートに自分の感情の移り変わりを見せることで、人を傷つけることの怖さ、傷つくことの辛さを学んで欲しいなと思います。

アシュタンガヨガの八支則に「アヒムサ(非暴力)」というのがあります。

身体的にも精神的にも、他人に対しても自分自身に対しても、決して傷つけないこと。

例えば、我慢したり無理したりすることも自分自身への暴力であるし、無意識の言動で人を傷つけた場合も暴力であるので、これらを全うしようとしたらかなり難しいかもしれませんが、そういう心がけを持つ、意識するということがとても重要だと思っています。

「しつけ」というのは本当に難しいと感じています。
ついつい感情的になって大人気ない態度をとってしまったり、思わず手を上げてしまったり。

親だからといって人間的に優秀なわけではないのだから、子供のことで悩んだりつまづいたり転んだりするのは当然。

真剣に向き合い、お互いを尊重し、共に良くなっていこうと努力しあうことで、何かが見えたり乗り越えたりしながら、一緒に人として成長していく。

それは親子同士だけでなく、夫婦や友人同士、上司と部下など色んな関係でも同じこと。

それが「良い関係」だなぁ、と思います。

 

他人と育ち合う子どもたち

他人との関係に気兼ねや煩わしさを感じるくらいなら、いっそ関係を持たないようにした方がいいと思う風潮が、今や当たり前のようになっていると思います。

そんな中、我が家はご近所づきあいもお友達づきあいも、たくさんするようにしています。

それはそうすべきという考えの元に意識してやっているというのが本音です。

もちろん、楽しいことや嬉しいことだけでなく、何かトラブルが起きることもあるかもしれません。

だけど、日頃から、頼みごとをしたりされたりしながら、しっかりコミュニケーションをとっていれば、もし何か問題が起きてもちゃんと解決したり、助け合うことができる。そういう信頼関係を結ぶことがとても大切だと思います。

幼稚園のお友達と。

子育てをしている親が、他人としっかりコミュニケーションをとっている姿をみて、子どもはコミュニケーションのとり方を自然に学べます。

そして、おじいちゃんおばあちゃん、ご近所さんやお友達などに子供を預けたり、面倒を見てもらったりしながら、親以外の大人と接することに慣れていきます。

また、他の家族のその子供たちと一緒に出かけたり遊んだりしながら、子供は子供同士でコミュニケーションをとって、自然と社会性を身に付けることができます。

親が他人との付き合いを避けていたら、子供はどうやって他人と付き合うことを覚えていくのでしょうか。

幼稚園や学校に行っても、一人で遊んだ方が安らげるという子供は少なくないと思います。そういう子の親御さんは、やっぱり一人でいる方が安らげると思っているかもしれません。

だけど、人間の心の中には、人と一緒にいたいという欲求があるはずだと思います。だから、人と一緒にいても安らげるようにならなくてはいけないのだと思います。

先頭切って歩く娘の勇ましいこと・・・

 

かつて独身時代の私にも人を避けるような時期がありました。

人間関係に疲れたり、嫌な思いをすることがあったからです。

そういう経験をすると、誰でも引きこもりみたいになりますよね。それはとても理解できます。

 

ご近所さんのおばあちゃんのお家にて。

しかしながら、色々なことを経て、今はそういう考えに至りました。

「図々しいと思われるかしら?」ではなく、「私にも同じように頼んできていいからね!」と思うようになりました。

近所のお友達と公園へお出かけ。

おかげで、娘はお友達と遊ぶことが大好きで、毎日のようにお外で勝手に遊んでくれています。近所の少し年上のお姉ちゃんたちがよく面倒を見てくれています。

きっと娘も大きくなったらそんな風に小さい子の面倒を見たり、遊んだりしてくれることでしょう。

使わなくなった布おむつ活用法

娘がハイハイしだす頃まで、布おむつを使っていました。

張り切って何十枚も買ったので、汚れが落ちなかったもの以外は捨てきれずに持っていました。

これ、使い道ないかな?とずっと考えた結果、娘のトイレトレーニング用パットと私の布ナプキンとして使うことに決定。

私はだいぶ前からこっそり使っていましたが、写真右下のような防水布とリネンを合わせたホルダーを作り、適当な大きさに切って端をロックミシンで処理した布おむつの布を4つ折りくらいにしてホルダーにセットするだけ。

娘のトイレトレーニング用パットは、防水布付きのショーツに紐をつけてそこにセットするか、同じくホルダーを普通のショーツにセットするか。

 

いたってシンプルだけど、これが快適でやめられない。。。布ナプキンって買い揃えると高いし、誰に見せるわけでもないので、これで満足しています。

赤ちゃん用の布なので肌触り滑らかで優しい気持ちになります・・・。笑

娘も夏には3歳になるので、そろそろオムツを卒業してほしいところです。

 

エスニック風親子コーデ服作りました

ナチュラル系婦人服の卸業を営む義父から、たくさんの生地や毛糸が送られてきました。ウール、リネン、コットン、ガーゼ、刺繍の入ったものなどなど、何を作ろうかワクワクが止まりません!

とりあえず、もうすぐ冬も終わりなので、ウールは先に使っちゃおうと、早速製作開始!

本当は自分用を先に作ったのですが、写真を撮ってなかったので、その次に作った娘用のコートの製作過程を・・・。

型にしたのは、娘が持っているAラインのチュニック。

私はとっても面倒くさがりなので、型紙を使わず、ラインを引きもせず、生地の上で手持ちの服を、正面、横向き・・と置き換えながらなんとなくこんな感じ・・・とかなりアバウトに直断ちしながら形を決めていく荒業に出ます・・。その方がオリジナリティも出るし面白いです。

 

とりあえず合わせてみる

そのあとは、後から支障が出ない部分を先にロックミシンでダダ〜っとかがり縫い。

押さえ周辺が錆びまくっている化石のようなロックミシン。フットコントローラーの調整が難しい・・

 

布端がほつれないようにかがり縫いをしたところ

その後、普通のミシンで袖を身頃につけて、袖の下を縫い合わせ、首回りや前の合わせる部分を折って縫いました。

我流なので、こんな手順で良いのかわかりませんが、とりあえず形になりました。

革製のくるみボタンを飾り付け。本当はホックでとめている。
以前大量に送っていただいた可愛いボタンたち。
それっぽくなるようにタグつけてみたりして
「おててつなご」は娘の口癖

前の裾が短めです
後ろにくるみボタンをかざりつけ

 

二人で記念撮影

 

次は何を作ろうかな〜。

罪悪感と開放感

IMG_9235

私も夫も、仕事や趣味の関係でとてもたくさんの人とふれあう機会があります。

常に一緒にいる娘も、たくさんの人と出会い、色々な状況の中で色々な経験が出来ていると思います。

どこへ行っても可愛がられ、天真爛漫な娘。

IMG_9320

IMG_9340

ところで、近頃は、私が仕事をしていたり家事をしている時に、遊んで!ねぇ、まま!遊んでってばー!とせがまれると、ちょっと待って、今忙しいから、と我慢をしてもらうことも増えました。

 

2歳くらいまでは、とにかく娘優先の生活だったけれど、今では随分と自分がしたいことをさせてもらっています。

娘の成長はありがたい。

産んだばかりの頃は、娘に全てを捧げる所存でございましたが、あの気持ちは一体どこへ行ってしまったのでしょうか。

 

娘に我慢をさせるときの少しの罪悪感と、自由に振る舞える開放感。複雑ですが、仕方がない。人間だもの。