虫刺されにドクダミが効く!

image
シュールなイラストがお気に入り。
image
1年前に仕込んだドクダミ化粧水。

虫除けにレモングラス、虫刺されにドクダミ。

自然療法の本を参考に作ったスプレーが活躍しています。

image
絆創膏貼る前に、腫れた目を撮るべきだった!とにかく赤く腫れていたのです。
image
翌日にはすっかり腫れが引いていた!

シツコイ種類の蚊に瞼を刺された娘。かわいそうなくらい目が腫れていましたが、ドクダミの葉を軽く炙ってすり潰したものを直接貼ったり、ドクダミ化粧水をつけたりしているうちにすっかり腫れが引きました。

花の咲いている今時期のドクダミが薬効が強いので、是非興味のある方はたくさん摘んで、化粧水にしてみてくださいな。

普段のスキンケアから虫刺されにまで使えます。痒み、ちゃんと消えますよ(*^o^*)

 

虫除けのレモングラスは、効いているのかいまいち分かりませんが、香りが好きなので良しとしましょう。


種から育てる楽しみ

IMG_4801

image

先日熊本で摘んだ日本タンポポの種。

タンポポ茶にしたり佃煮や天ぷらや和え物にしたりできるけど、西洋タンポポは苦味が強いらしい。自宅周辺には西洋タンポポしか見かけないので、熊本で日本タンポポをたくさん見つけた時は感動しました!花も大きくて立派!綿毛もフワッフワで可愛い♡

image

根っこごと持ってくることはできなかったので、種を頂戴してベランダのプランターで育ててみようかと思います。いつどんな風に芽が出て育つのかな。

【タンポポの薬効】

乳腺炎、母乳不足、神経痛、リウマチ、胃腸病全般、不眠症など

image

こちらは昨年頂いたビワを食べた後、種を植えたらここまで大きくなりました。枇杷は、昔から一家に一本木があれば医者いらずと言われていました。ガンや火傷、皮膚病、風邪、気管支炎、ぜんそくなどを治すし、化粧水や目薬にもなる・・・とのことです。気になる方は、詳しく調べてみてください。

今まで見向きもせず捨てるだけだった種からちゃんと芽が出て、たいした手入れをしなくても育っていくこの生命力、たくましさ・・・これからますます楽しみです。

 

 

ヨモギの効能

image

ミネラル、ビタミンが豊富で整腸作用が大きく便秘に効く。内臓の機能を正常に保ち、公害物質や老廃物を流してくれ、血液浄化にも役立つ。

団子やお餅、天ぷら、佃煮、お茶などに。

image

image

余ったさつまいもで作った芋あんを包んでいきなり団子風のよもぎ餅を作りました。残りのヨモギはカリカリに干してお茶にします。

野草(薬草)採取 & サイクリング

imageimageimage

今日は最高気温20度という、とても良いお天気。朝からどこに行こうかソワソワしてしまいました。

やること全部適当に済ませて、お出かけお出かけ〜♪

春の草花の芳しい香りを思い切り吸い込みながら、娘と近所の田んぼや土手の辺りをサイクリングしつつ、つくしやヨモギなどの野草を発見しては、籠に摘み入れ、時に休憩しながらのんびり過ごしました。

つくしは今晩の夕食に、ヨモギはお餅やお茶に使います。

一年の中で一番大好きな季節になりました。毎年一番忙しくしている時期でもあります。5月まで、すでに予定が詰まってきました、、仕事もお勉強も遊びも盛りだくさん!頑張りすぎて五月病にならないようにしないとね、、σ^_^;

ラベンダー

image

ラベンダー。産婦人科で産後のケアに使ってもらって以来、香りも効果も好きになり、娘の肌のケアなんかにもよく使っていました。

そのうち、苗や種を買ってベランダで育てるようになりました。今のところ花をドライにすることしかしていないけど、この花をどうやって別の形で使うのか、考えるのがまたこれからの楽しみでもあります。

ラベンダーの効果

鎮静、安眠、抗菌、殺菌、防虫、消炎作用など。

ふきのとうの天ぷら

image

春の山菜、ふきのとう。

正直私はこの独特な苦味が苦手です。

しかしながら、去年、母がふきのとう味噌というのを作ってくれて、それが美味しかったので、少し見直しました。

そして、初春。夫がとにかく山菜が食べたい、天ぷらが食べたいと言っていたのを思い出し、満を持して食卓に登場させてみました。

初めて天ぷらにしてみました。たらの芽や大葉、椎茸も一緒に。

感想は、、やっぱり苦手!!でも何故かクセになる、どんどん食べちゃう。多分、「良薬口に苦し」というのが頭にあるからでしょうね。

ふきのとうには、ナトリウムを排出するカリウムが豊富に含まれ、苦味成分のアルカノイドが肝機能を強化し新陳代謝を促進するそうです。私の嫌いなこの香りはフキノリドといって、胃腸の働きをよくするのですって。

今旬の山菜、皆さんも是非!