那珂川市の里山エリア「南畑」への移住計画がついに実現!!

我が家が福岡市中央区から、那珂川市(当時は那珂川町)に越してきたのが4年前。

越してきて割とすぐ、南畑エリア(那珂川から佐賀方面に抜ける里山エリア)に移住したいと思うようになり、それからなんとなく物件探しをして、ようやく1年前に良いところに巡り会い、それでもまだまだ手続きや準備に時間がかかり、やっと、今年の秋には、移住することができそうです。

 

移住先は、かなり山手に上がっていった最後の集落。しかも山の中。

周辺に家も街灯も無く、都会暮らしの人から見れば、まさにポツンと一軒家。かも。

でも、キャンプや登山が趣味であることや、数年かけてその辺りを行ったり来たりしている私たちにとっては、「え?全然大したことないでしょ」という感じです。

竹やぶに囲まれたログハウス。

数年空き家だったので、虫の死骸がたくさん。壁にはヤモリの卵、浴室には蛇の抜け殻も。虫のフンやら溜まりに溜まったホコリやら、掃除が大変だけど、磨いてどんどん綺麗になっていくのが楽しい。

嫌悪感が薄れていく。ヨガと瞑想で心に変化が・・・

 

こういう山の中の暮らし、キャンプや登山でさえも嫌がる人は周囲にたくさんいますが、私もずっと前はそういうタイプでしたから、気持ちはとてもよくわかります。

虫やら汚物やら、ヨガや瞑想を実践する前は、目を背ける程嫌でした。嫌悪感ってとてもストレスを感じますよね。

でもどんな感覚、どんな状況でも冷静さを保つ練習を日々していると、こういう嫌悪感が薄れていくのを感じます。嫌悪感が減ればストレスも減ります。

 

それに里山にある家を見ては、「この辺の人の生活ってどんなだろうね。スーパーもコンビニもないし、不便だろうね、、」と言っていました。当時住んでいたのは、福岡市の中心部。歩いて天神まで散歩に行ったり、外食多めの都会の生活。そんな生活をしていたら、当然田舎の生活は大変そうに見えますもんね。

でも今はその「不便さ」でさえも嬉しいというか、むしろ縛られるものが減って心は解放され、自然の中で毎日癒されながら健康的に自由に暮らせるなんて、幸せすぎる、と思っています。

 

それに以前は、子供のことも含めて将来に不安がありました。

学校とか都会の生活の影響で、子供が本来あるべき自然な姿を失ってしまったら・・・とか。仕事がなくなったら、、、とか。

でも今はそんな不安も何処へやら。

今度の家は、庭も広くて、今からどんなハーブや花や木を植えようか、とか、ヤギでも飼おうかな、とか、ウキウキしながら考えています。笑

 

そんなこんなで、私たち家族の夢でもあった、「ほぼ自給自足」の生活。ついに実現しそうです。

 

実りの秋到来、イノシシとのせめぎ合い。

今年は季節の移り変わりが前倒しし、梅雨明けも夏の終わりも、例年より1ヶ月ほど早く、あっという間に肌寒い季節になりましたね。

大きな台風も次から次へと発生し、落ち着かない毎日です。

さて、我がみもり自然農園は、というと、台風の影響はさほどないものの、この夏からイノシシが畑の周りを荒らしまくっていて、夏が終わる頃にはとうとう畑の中に侵入してきました。

サツマイモなど美味しい実のなる作物の匂いを嗅ぎつけてきたのでしょう。

相方のM和ちゃんが一生懸命ネットの下側にブロックを乗せたり、獣が嫌う植物(唐辛子、紫蘇、ハーブなど)を周りに植えたりして、対策してくれました。

バジルとチェリートマト
左上から時計回りに、野生の花、チェリートマト、紫蘇とバッタ、綿花
左上から時計回りに、小かぶ、ツルムラサキ、唐辛子、あずき(多分)

植物の力ってすごいですね。

あれだけイノシシに踏み荒らされてサツマイモの畝はめちゃくちゃだったのに、またたくさんの芽が成長して実を生らすなんて!

見てごらんなさいよ、この健気な姿!(赤枠がサツマイモ)

それもこれも、M和ちゃんの献身的なお世話のおかげかな。(私は近頃、草刈りと収穫くらいしかしていないような気がする・・・汗)

 

畑全体を遠くから見渡せば、放置の末、荒らしてしまっているようにも見えますが、結構頻繁に様子を見に行ったり、こまめに整えようとしたりしていて、一応ちゃんと元気に生きています。

川口由一さんのような絵画的センスがあれば、自然農の畑ももっと美しい形になるのだと知っていますが、ペーペーの素人にはそこまで考えられないのが実情。

この畑を作って、もうすぐ一年。(荒地の開墾の巻

元はこんな荒地

まだまだな私たちですが、この畑への愛着はしっかり持っています。

だから、イノシシさん、もう来ないでください!


川口さんの著書で参考にしているのがこれらの本です。


春はたけのこ、山菜でデトックス!

春ですね〜。暖かい日が続いています。

と、思えば、先週末は急激な冷え込みで、井原山に山菜とりに行ってきたのですがなんと雪!!

ワラビ!
ワラビは天ぷらと炊き込みご飯に、ゼンマイはナムルにしていただきました!

そして、別の日にはお友達の実家の裏の竹やぶでタケノコ掘り!

どーん!
たくさん掘りました!
水煮、アク抜き
ある日の食卓に

こうやって自分たちで収穫したものを調理していただくのは本当に嬉しく楽しいことです。

何よりスーパーで売っているものとは比べ物にならないくらい、味が濃厚で、新鮮で、柔らかくて美味しい。こういうものを食べると体が喜んでいるのがわかります。

娘にもできるだけこういう本物の素材の味を知っていてほしいなあ〜と感じながら(子供がこのむ味ではないのですが。)、楽しんで料理しています。

次の収穫は、自然農で育てている畑の野菜。楽しみだなあ〜。

 

嬉しい楽しい大好き♡土筆&ヨモギ採り第二弾!!

桜、なかなか咲きません。

先日のこの日は花見の予定でした。暖かい快晴でお花見日和なのに肝心の桜がまだ蕾・・・

ということで、急遽ヨモギ摘みに出かけることにしました。

同じく近所に自転車で出かけていたお友達と合流してそのまま那珂川町周辺の田んぼや土手へ。ヨモギよりもつくしがたくさん残っていて結局メインがつくしに・・・

娘も収穫に慣れたようで、たくさん採ってくれました!

この日の収穫。

つくしはやはり天ぷらにして食べました。

ヨモギは、重曹で湯がいてアクを取り、細かく刻んで餅粉をこねたものと一緒に蒸した後、茹でた小豆と頂き物の紅はるかを包んだ、いきなり団子風「いきなりヨモギ餅」に。

見た目はイマイチですが、味はまあまあ、いけました。

昼過ぎから夕方までずっと収穫してましたが、本当に楽しいですね♡

那珂川町のお洒落スポット「THREE TREES」さんで素敵な予感♡

福岡市内から車で約30分程度の場所に位置する「THREE TREES」は、今密かに盛り上がりつつある南畑エリアにあり、古いコンクリートの納屋を1年がかりで再生して出来た小さな隠れ家的存在。(Facebookページより抜粋)

こととば那珂川のスタッフの方が紹介してくださったのは、那珂川町の人気エリア南畑にある「THREE TREES」です。

ジュエリー作家の三森さんと、ナチュラルウェディングのプランナーである服部さんのお二人で作り上げた、なんとも羨ましい場所です。

1Fには、カフェと1DAYワークショップやフォトスタジオとして使えるレンタルスペース、2Fにはアトリエとウエディングサロンがあり、「これ全部自分たちで、納屋を片付けて床を塗って・・・もう大変だったんです!!」とおっしゃっていたのですが、とっても素敵に仕上がっていて、心の中でキャーキャー叫んでいた私であります。本当に素敵。

(アトリエの写真を撮り損ねてました・・・)

土がいいのか、昔取ってたくらいのサイズのつくしがたくさん!

とにかく広い敷地でびっくり。

ここでこんなことやったら楽しいだろうな〜と色々アイディアが浮かんできます^^

過ごしやすくなってきましたので、近々に色々と楽しい企画を考え中です。どうぞお楽しみに♡

春のつくし&菜花摘み in 那珂川町

おててつなご!と微笑ましい二人。

昨年は娘と二人だけだったのですが、今年は嬉しいことにご近所に住むお友達と一緒にサイクリングがてら行ってきました。

私のお気に入りの空き地。結構つくしも生えてましたが、まだまだ小さい・・・

そのあとは、移動して「裂田の溝(さくたのうなで)」へ。

ここも車が通らないので小さい子供を連れて自由に遊ばせるには最高の場所。(用水路には注意!)

二歳児二人も、つくしやお花を摘んで生き生きとしていてとても楽しそうでした。

竹林の脇あたりにはかなり背の高いつくしがまだ残っていましたよ。

通りすがりの地元のおじさんから色んな山菜情報を聞いたり、同じくつくしを採りに来ていたおばちゃんと話をしたり、こういうのがやっぱり楽しいんですよね!

ヨモギの新芽はまだ小さすぎて断念。。来週あたりがいいかな〜〜。

帰りは桜の状態をみながらのんびり帰って来ました。

収穫はつくしと菜花の蕾
袴をとり一晩水にさらしたつくし。
つくしの天ぷら、菜の花のナムル、つくしの塩麹卵とじ

天ぷらと菜の花は夫も絶賛。美味しくいただきました。こんなご馳走がタダで食べられるなんて・・・♡

また行こう。

 

冬のデザート♡金柑甘煮

img_8349
大粒!
img_8350
夏は梅、冬は金柑。もぎるのはいつでも楽しい!

祖母の家の裏庭にある金柑の木。

木は身長の2倍はある高さで、実もかなり大粒。デコポンみたいに皮が厚くでこぼこで可愛い^ ^

生でも、皮が甘くて、コリコリ食べられるので、だいぶ減ってしまったけど、残りで甘煮にしてみました。

img_8340
米とぎ汁で数分煮て水にさらしているところ。
img_8345
無水鍋にお水と金柑の半量の甜菜糖、お醤油少々で煮る。
img_8347
熱湯消毒した瓶で保存。

風邪の予防に。

organic Aloe Vera face & body spraysで寝癖も怖くない

img_7545

11月になりました。
長い残暑がやっと終わったと思ったら、暖房が必要になるくらい、とても寒く乾燥する季節になりましたね。

お風呂上がりに髪をきちんと乾かしていても、朝起きたらこんなにボサボサ。
鳥の巣のようです。

こんなとき、私が数年愛用しているボディスプレーが役に立ちます。

img_7546

made of organicsの「organic Aloe Vera face & body sprays」

これをシュシューッと髪にかけて櫛でとくだけ。
10分もすれば、乾燥した髪が潤って、頑固な寝癖も真っ直ぐになるのです。
だいたい、そういう名目では売ってないのですが、使い始めた時に気がついて、それ以来ずっと気に入って使っています。

娘の髪は、毎朝寝癖がすごいけど、これがあれば簡単に直せるので忙しい朝でも余裕です。子供であろうと、身だしなみは大事ですよね^^

img_7548

ほら、このとおり。
この季節に心強い必須アイテムです。

藍染ワークショップに参加したらやっぱり面白かった!

image
塩と少しのお水を足して藍の生葉をひたすらモミモミ。

桜坂にあるanheloという子供服のお店で、リネンファッションnu°のスタッフさんが来られて藍染ワークショップが行われました。

火を使わないのが藍染の良いところ。

ただ、多年草ではないというのと、そこら辺に自生していないこと、生葉を使う場合は染められる時期が限られていることなどを考えると、なかなか葉を手に入れるのは簡単ではないので、自分で育てたいなぁと思っているところです。

image
淡いブルーになりました!

みんなでモミモミしてキレイに染め上げた手ぬぐい、とても気に入りました(*^o^*)

 

次は何を染めようかな??

草木染めに挑戦

image
スギナを煮出したものと、綿のような植物性繊維は染まりにくいので豆汁でタンパク質を染み込ませる下準備をしている様子

かねてより興味のあった草木染めに挑戦してみました。

最初は練習というか、工程の感じを掴みたいので、被染物は娘が着古した薄汚いロンパース、染料は使い切れなかった乾燥スギナ、媒染はミョウバンで試し染め。

image

結論から言うと、微妙な出来、、σ^_^;

ロンパースが古くて汚れていたし、スギナが生葉ではないこともあって、綺麗な色に染まらなかった。

媒染も先にした方が良かったのかも。

次は小豆かなんかでバンダナ染めてみよう(*^o^*)