那珂川市の里山エリア「南畑」への移住計画がついに実現!!

我が家が福岡市中央区から、那珂川市(当時は那珂川町)に越してきたのが4年前。

越してきて割とすぐ、南畑エリア(那珂川から佐賀方面に抜ける里山エリア)に移住したいと思うようになり、それからなんとなく物件探しをして、ようやく1年前に良いところに巡り会い、それでもまだまだ手続きや準備に時間がかかり、やっと、今年の秋には、移住することができそうです。

 

移住先は、かなり山手に上がっていった最後の集落。しかも山の中。

周辺に家も街灯も無く、都会暮らしの人から見れば、まさにポツンと一軒家。かも。

でも、キャンプや登山が趣味であることや、数年かけてその辺りを行ったり来たりしている私たちにとっては、「え?全然大したことないでしょ」という感じです。

竹やぶに囲まれたログハウス。

数年空き家だったので、虫の死骸がたくさん。壁にはヤモリの卵、浴室には蛇の抜け殻も。虫のフンやら溜まりに溜まったホコリやら、掃除が大変だけど、磨いてどんどん綺麗になっていくのが楽しい。

嫌悪感が薄れていく。ヨガと瞑想で心に変化が・・・

 

こういう山の中の暮らし、キャンプや登山でさえも嫌がる人は周囲にたくさんいますが、私もずっと前はそういうタイプでしたから、気持ちはとてもよくわかります。

虫やら汚物やら、ヨガや瞑想を実践する前は、目を背ける程嫌でした。嫌悪感ってとてもストレスを感じますよね。

でもどんな感覚、どんな状況でも冷静さを保つ練習を日々していると、こういう嫌悪感が薄れていくのを感じます。嫌悪感が減ればストレスも減ります。

 

それに里山にある家を見ては、「この辺の人の生活ってどんなだろうね。スーパーもコンビニもないし、不便だろうね、、」と言っていました。当時住んでいたのは、福岡市の中心部。歩いて天神まで散歩に行ったり、外食多めの都会の生活。そんな生活をしていたら、当然田舎の生活は大変そうに見えますもんね。

でも今はその「不便さ」でさえも嬉しいというか、むしろ縛られるものが減って心は解放され、自然の中で毎日癒されながら健康的に自由に暮らせるなんて、幸せすぎる、と思っています。

 

それに以前は、子供のことも含めて将来に不安がありました。

学校とか都会の生活の影響で、子供が本来あるべき自然な姿を失ってしまったら・・・とか。仕事がなくなったら、、、とか。

でも今はそんな不安も何処へやら。

今度の家は、庭も広くて、今からどんなハーブや花や木を植えようか、とか、ヤギでも飼おうかな、とか、ウキウキしながら考えています。笑

 

そんなこんなで、私たち家族の夢でもあった、「ほぼ自給自足」の生活。ついに実現しそうです。

 

2019年のスタートは祖母山(大分・宮崎)から

「頑張るぞー!おー!」

今回の年末年始は、日本百名山の一つである祖母山(標高1,756m)で過ごすことになりました。

服装ですが、娘のスピードで歩く冬山では、全く汗をかかないので、私のトップスは、メリノウールインナー→ダウンジャケット→ウィンドシェル、ボトムスはメリノウールタイツ→トレッキンングパンツです。

娘は、モンベルのインナー上下にユニクロで買った1200円くらいの中綿ジャケットとモンベルのトレッキングパンツ、そしてスカート(寝るときもパジャマの上にスカートを重ね着するこだわり)。

子供ってほんと寒さに強いですね。。。

現在、北谷登山口は工事のため、その2キロ手前の一の鳥居から車両通行止めとなっており、通常よりも無駄に(子供の足では40分〜50分)歩かなければならず、9合目まではトータル5時間くらいかかりました。

画像右側の地面に鹿の足跡!

9合目のテント場へ続く小道。ここまで来る間にたくさんの動物の足跡をみました。そして鹿に計4頭出会いました。

ここに寝ます。
夕飯は、カレーメシとどん兵衛のそば。

山小屋には、たくさんの方が宿泊されていました。薪ストーブもありとても暖かいところでしたが、私たちはテント泊。

ご飯を食べたら寒くてすることもないので、翌朝の初日の出に備えて、20時半過ぎにはシュラフにもぐり、寝ました。

テント場にはあと3張りくらいテントがあったかな。

翌朝、7時過ぎの日の出に間に合うようにと、山頂に向かいましたが、娘がいるので間に合わず・・・。ですが、美しい景色は十分堪能することができました。大満足です。

雲海と初日の出。

下山時は雪も降っていたので寒いし、お腹も空いて大変だったろうと思いますが、娘は本当によく頑張りました。

しりとりをしたり歌を歌ったり、よくわからない言葉遊びやゲームをしながら元気に登りきった娘のたくましさに、我が子ながら、またまた感心しました。

今年も幸先良いスタートとなり、嬉しい限りです。

本年も、みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

鹿児島遠征のはなし(大浪池〜韓国岳登山&キャンプ)

少し前の話になりますが、家族で鹿児島へ遠出してきました。

初日は午前中から出かけて、宮崎のえびの高原にあるキャンプ場で一泊し、翌早朝、車で10分くらいのところにある大浪池登山口から入山。

どんぐりがたくさんありました。
崖の上から大浪池を覗き込む。スリル満点!!
池の向こう側にそびえ立つのが目標の山「韓国岳」

登山口からこの池まで来るのに、1時間近くかかったでしょうか。少し疲れた様子の娘に、

「今からあの山に登るんだよ〜」

と、父の声。

娘は一瞬、えっ?!嘘でしょう?!という顔をしましたが、いつものこと。

どんぐりだらけの獣道をしりとりしながら2時間くらい歩いて、やっと韓国岳麓。

山頂近くはこんな岩だらけの登りづらい斜面
振り返れば、さっきの大浪池が!美しい〜〜〜!!

娘も、「えっ?!こうねちゃん、あそこからきたの?!」となんども振り返りながら興奮気味。疲れてるのに、ついつい急いで登ってしまいます。

山頂で記念写真

風が強く、少し寒かったけど、とても良いお天気で気持ちが良かったです。

山頂でお昼ご飯を食べたり撮影したり、で、1時間近く休憩したかな?

帰りも足がガクガクしながら一生懸命下山しました。

朝7時に出発して4時過ぎに戻ったので、トータル9時間くらいは山の中にいたのではないでしょうか。

娘のペースに合わせて歩くので、私たちは時間がかかりましたが、山歩きに慣れた大人の足ならその半分くらいの道のりだと思います。アップダウンもそこまでないし、道も綺麗なので家族でハイキング、オススメですよ^^


えびの高原キャンプ村

私たちはテント泊でしたが、施設も綺麗なところでしたよ!野生の鹿がそこらにいるし、すぐ隣に温泉のある宿泊施設もあるし、アイススケート場もあるし、季節問わず色々楽しめそうです。また行きたいな〜。

指宿休暇村 キャンプ場

登山をした日の夜は、指宿のキャンプ場でテント泊。私たちだけしかおらず、貸切状態。ここでも車で1〜2分のところにある温泉宿泊施設で温泉に入って疲れを癒し、テントに戻って簡単な夕飯を済ませ、おつまみ&ビールを飲みながらみんなでUNOとトランプをして過ごしました。楽しいひと時。

朝のおさんぽ

 

最終日は、鹿児島市内に住む大好きなお友達と駅前でランチして、お宅訪問。少し遊んで、家路に着きました。

とっても楽しい家族旅行となりました。

 

糸島の十坊山登山&七ツ釜でキャンプ

先日、とても久しぶりに登山とキャンプをしてきました。

この夏くらいから、家族全員多忙になっていたのでなかなか行けていませんでした。これから紅葉が楽しめるとてもいい季節になるので、忙しさを緩めて行楽を楽しめたらいいなと思います。

コンクリートの舗装路では愚痴が多かった娘も、山道に入ると途端に元気になる
そっくりな親子。
低山でしたが、結構疲れました・・・
万歳!
景色もいいよ!
運動後はしっかり食べて!

帰りの下り、ヘトヘトになりながら頑張りました。

なんだかんだ言っても、バレエやってるし、身体的な成長もあるので足腰はますます強くなってきているように感じます。足元の危なっかしさが随分減りました。

母は、あなたの成長や変化を、いつもちゃんと細かく見ているよ!
頑張ったね^^

 

唐津へ移動し、夜は七ツ釜でキャンプ
娘、UNO初体験!
翌朝、七ツ釜周辺を散策

昼食は呼子でイカの活き造り定食
至福のとき

 

いい思い出になったね。

雪遊びにおすすめ!那珂川町の隆岳散歩と基山で雪そり

先日、那珂川町にある低山「隆岳」へ雪山登山してきました。

標高は660mと小さいので、娘には最後まで頑張ってもらうつもりでキャリアは無し。

今回のメンバーは、南畑エリアで私も大好きな場所「花と珈琲 ホキ」の主人ミツコさんの旦那さんである濱さん(イラストレーター)と夫と娘と4人です。

那珂川町の山である成竹山と隆岳の登山口がある駐車場にて
比較的登りやすい登山道
先頭を歩かなければモチベーションが下がる娘

山頂近くは、急登で滑りやすいのでご注意ください
文句を言いながらも最後まで頑張りました。
山頂で飲む熱くて甘いココアが美味しかったね

この後、成竹山側から下山。

雪がとっても綺麗で気持ちが良かったです。

そしてこちらは、いつかのそり遊び。

福岡でそり遊びができる場所を調べてみると、夜須高原のキャンプ場や背振少年自然の家などが出てきましたが、佐賀にある基山の草スキー場も近場にのおすすめスポットです!

※車で山頂まで登れます。積雪の時は、当たり前ですがチェーンなどが必要です。

 

年末年始の過ごし方

毎年、夫の実家がある千葉に帰省していましたが、今回は福岡で過ごす年末年始でした。

いつもと変わらない食生活、いつもと変わらない運動量を心がけたおかげで、体に負担をかけることなく、いつもと変わらない状態をキープして、体調も万全、家族揃って良いスタートを切ることができたように思います。

大晦日から元旦にかけては、くじゅう・坊ガツルでのキャンプで年越し。

吉部登山口から坊ガツルまで約90分の道のり。
娘、最後まで自分の力で頑張りました。
法華院温泉山荘で大好きな渡邉夫妻と。
テン場で合流した福岡の方達とともに。

最高の思い出となりました。

 

現人神社にて。

1月2日は、那珂川町の神社をまわり初詣をしました。

その後、急に牡蠣が食べたくなって、急遽牡蠣小屋へ。

娘はウインナー。

1月3日は、私の実家へ新年のご挨拶。
みんなでご飯を食べたあとは、子供たちを連れて公園へ。

従兄妹っていいね!
昨年、姉のところに生まれたおひめさま。

1月4日からTIKI YOGA studioで練習開始。

マイソールクラス。
プライマリーレッド。

 

身体が全く鈍らず、いつも通り気持ち良い練習ができてホッと一安心。この調子で今年も練習頑張ろう!!

 

皆さんは、どんな年末年始を過ごされましたか?

今年もどうぞよろしくお願いしますね♪

那珂川町不入道でキャンプ&忘年会

 

ヨガのレッスンや畑などでお世話になっているTHREE TREESの敷地内にテントを張り、アシュタンガヨガのレッスンを受けてくださっている生徒さんたちと忘年会を実施しました。

娘は早々に寝てしまいましたが、大人たちは深夜近くまで飲んで食べながら、今年一年を振り返り、来年の抱負を語り合いました。

まだ出会って半年しか経過していませんが、もうすでに何年も一緒に過ごしているかのような自然な関係・・・。とても楽しい宴でした。

 

私たち家族はそのままテントで一泊。

もう随分寒く、畑の野菜たち(THREE TREESにみもり自然農園という畑を作って野菜を育てています。)が心配ですが、今のところ元気に力強く育っているようです。頑張れ!野菜たち!

自然農で育てているそら豆。
こちらはオオザヤ。
笹の葉で霜よけを作ったりしながら冬の寒さ対策。

いよいよ年末。

事故や病気などが増える時期です。

気を引き締めていきましょう♪


<年内中の残りのレッスン>

・12/25(月)14:00-15:00 産後リカバリヨガ

・12/26(火)14:30-15:30 インサイトヨガ

・12/27(水)10:00-11:30 アシュタンガヨガ初級(フルプライマリー)

・12/28(木)10:30-11:30 呼吸法・瞑想

※事前の予約が必要です。ご予約はお電話かメールで受け付けています。

info@sumsuun.com(24時間受付中)

080-3907-5162(時間帯によっては出られないこともありますのでご了承ください。)

雨のくじゅうキャンプ

秋雨前線停滞の最中、私たちはくじゅうキャンプを決行しました。

あいにく紅葉はまだ十分とはいえませんでしたが、1日目は15時頃までは雨にも降られず、ちょうどいい気温の中でのハイキングを楽しむことができました。

三俣山登山を終えたあと、法華院温泉に向かう途中から雨が降り出し、背中に娘を背負い、傘をさして歩きました。

法華院のテント場にテントを張り、温泉でスッキリした後は、一緒に行ったたくさんのお友達と宴会で盛り上がりました。

夜から翌日ずっと雨でしたが、覚悟の上。

朝食をとった後、みんな手慣れた動きでテントを撤収し身支度を整えて、10時過ぎに法華院を出る。

おしゃべりしながら雨ヶ池ルートで長者原へ。

途中、とっても美しく赤々と紅葉した落ち葉が広がる道を歩き、一同興奮!

遠くから眺める山の紅葉もいいけど、私は間近に見る真っ赤な落ち葉が好きだなあ。

 

下山後は、長者原からすぐ近くにある温泉でスッキリした後、青山という美味しい食事処で美味しいチキン南蛮定食をいただきました。

 

くじゅうは楽しい。

 

8月 登山&キャンプまとめ

ボイボイキャンプ場にてテント泊!
美しい星空に圧倒される!
頑張って歩きました!
星生山山頂
三俣山と坊ガツルを眺めて

 

お盆は阿蘇に行きました。

藪漕ぎ状態
火口
烏帽子山へ

 

下山後は草千里ヶ浜にて乗馬体験
近くの坊中野営場にてキャンプ

テント設営後は、山を降りて内牧温泉へ。
夜は、ピザを焼いてビールで乾杯!
また、たくさんの流れ星(ペルセウス座流星群?)を見て、22時ごろ就寝。

矢谷渓谷で川遊び
滝の滑り台が有名。この後、娘はパニック!

 

この夏は何かと忙しくしていたけれど、やっぱり遠出して自然の中で過ごすのが一番充実してるな。

 

もうすぐ夏休みも終わり。