那珂川市の里山エリア「南畑」への移住計画がついに実現!!

我が家が福岡市中央区から、那珂川市(当時は那珂川町)に越してきたのが4年前。

越してきて割とすぐ、南畑エリア(那珂川から佐賀方面に抜ける里山エリア)に移住したいと思うようになり、それからなんとなく物件探しをして、ようやく1年前に良いところに巡り会い、それでもまだまだ手続きや準備に時間がかかり、やっと、今年の秋には、移住することができそうです。

 

移住先は、かなり山手に上がっていった最後の集落。しかも山の中。

周辺に家も街灯も無く、都会暮らしの人から見れば、まさにポツンと一軒家。かも。

でも、キャンプや登山が趣味であることや、数年かけてその辺りを行ったり来たりしている私たちにとっては、「え?全然大したことないでしょ」という感じです。

竹やぶに囲まれたログハウス。

数年空き家だったので、虫の死骸がたくさん。壁にはヤモリの卵、浴室には蛇の抜け殻も。虫のフンやら溜まりに溜まったホコリやら、掃除が大変だけど、磨いてどんどん綺麗になっていくのが楽しい。

嫌悪感が薄れていく。ヨガと瞑想で心に変化が・・・

 

こういう山の中の暮らし、キャンプや登山でさえも嫌がる人は周囲にたくさんいますが、私もずっと前はそういうタイプでしたから、気持ちはとてもよくわかります。

虫やら汚物やら、ヨガや瞑想を実践する前は、目を背ける程嫌でした。嫌悪感ってとてもストレスを感じますよね。

でもどんな感覚、どんな状況でも冷静さを保つ練習を日々していると、こういう嫌悪感が薄れていくのを感じます。嫌悪感が減ればストレスも減ります。

 

それに里山にある家を見ては、「この辺の人の生活ってどんなだろうね。スーパーもコンビニもないし、不便だろうね、、」と言っていました。当時住んでいたのは、福岡市の中心部。歩いて天神まで散歩に行ったり、外食多めの都会の生活。そんな生活をしていたら、当然田舎の生活は大変そうに見えますもんね。

でも今はその「不便さ」でさえも嬉しいというか、むしろ縛られるものが減って心は解放され、自然の中で毎日癒されながら健康的に自由に暮らせるなんて、幸せすぎる、と思っています。

 

それに以前は、子供のことも含めて将来に不安がありました。

学校とか都会の生活の影響で、子供が本来あるべき自然な姿を失ってしまったら・・・とか。仕事がなくなったら、、、とか。

でも今はそんな不安も何処へやら。

今度の家は、庭も広くて、今からどんなハーブや花や木を植えようか、とか、ヤギでも飼おうかな、とか、ウキウキしながら考えています。笑

 

そんなこんなで、私たち家族の夢でもあった、「ほぼ自給自足」の生活。ついに実現しそうです。

 

生理の常識が変わる!?経血コントロールのトレーニングを始めよう!

みなさんに、質問です。

1. 生理用品は何を使っていますか?

2. 生理前に体調を崩しますか?

3. 生理痛はありますか?

4. 生理中は、怠くなりますか?

5. 生理中は、頭痛や吐き気などがありますか?

6. 生理が近づくと憂鬱になりますか?

7. 生理中、または生理前はイライラしますか?

8. 冷え性ですか?

 

私は若いころ、当たり前のように使い捨てのケミカルナプキンやタンポンを使用していました。

そして上記質問の2〜8は全て、YESでした。

特に20代前半は、日々のストレスも重なり、生理中はベッドから起き上がれない程、体調が悪くなっていました

 

その後、2006年にアシュタンガヨガを始め布ナプキンに変えました。

 

そしたらなんと、2〜8の質問の答えがNOに変わったんです。

そして、最近は、経血をトイレやお風呂の際に一気に排出する技を、実は自然とやるようになっていて、結果3日で生理が終了する…というようになっています。

 

なぜこんなにも状態が変わるのか…

 

それもそのはず、人体に悪影響を及ぼす化学繊維製のナプキンを、体の中でも化学物質を2番目に吸収しやすい場所(一番目は口、二番目が膣)に5日間〜7日間当て続けるわけですから、具合が悪くなるのは当たり前ですよね。

 

恐ろしすぎます!!


↓初めて布ナプキンを使用した時に購入したのは、このセットでした。

ちなみに、布ナプキンの洗い方は、とっても簡単です!

蓋つきのバケツのようなものに、アルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダともいう)を溶かした水を溜めておいて、取り替える時に、バケツにぽいぽい汚れたナプキンを入れていけばOK!

1日くらいつけ置きして、入浴時にでもバケツの中身をざっと流して、流水をかけながらナプキンを軽くゴシゴシするだけでスルンと経血が落ちます。

気持ちいいですよ!

↑油汚れもさっと落ちる勢かつ必需品、「アルカリウォッシュ


そして、たまたまこのタイミングで、「経血コントロールのトレーニング」を教えてくれる先生がいることを知りました。

松原もとこ先生「経血トレーニングの勧め」詳細はこちらから
https://keiketsutraining.p-kit.com/

 

松原先生は、ナプキンを使用しなくても下着を汚さずに過ごすことができるようにまでなっているそうですよ!!驚きですよね〜〜〜

 

でも大昔の女性は、みんなそのようにして過ごしていたのだとか。

私自身は、もうあと数年で生理も終わるだろうけれど、我が娘は数年後に初潮を迎えますので、娘が生理によって悩まされないように、この素晴らしい「生理の常識」をちゃんと教えてあげたい!と思っています。

 

そういうことで、経血コントロールマスターである松原先生をお呼びして、講習会を自宅で開催することにしました。

 


5月21日(日)10:00-12:00 経血トレーニング講習会

「経血の量が減る!」「生理が三日で終わる!」「生理痛も生理前の不調もない!」「ノーナプキンで過ごせる!!」

どういうことか、先生に聞いてみよう^^

特にこれから初潮を迎える女の子におすすめ!
お母さん、是非娘さんに勧めてください♡

この話を聞いていれば、女性の人生は随分変わると思います。

もう、生理の不調で悩む必要はありません。

【講習会内容】

・経血トレーニングの説明
・経血トレーニングの具体的なやり方
・経血トレーニングしやすい身体にする体操

【日程】

いずれか都合の良い方にご参加ください。
※7名以上の参加がなければ開催されません。

★日曜クラス
5月19日(日)10:00-12:00

★火曜クラス ※満席となりました
5月21日(火)10:00-12:00

【定員】
各10名

【場所】

那珂川市片縄9丁目32 ハイムあかしや503 松本自宅

※駐車場ありますが、数が限られているので、乗り合いできると助かります。その場合事前に打ち合わせしましょう。

※電車等の最寄駅は大橋と博多南駅ですが、駅まで送迎もできるので、ご遠慮なく相談してください!

【料金】

大人2,000円、中高生1,000円、小学生以下無料

【持参するもの】

バスタオル、あぐらがかける伸びるズボン

【お申込み】

info@sumsuun.comまでご連絡ください。

2019年のスタートは祖母山(大分・宮崎)から

「頑張るぞー!おー!」

今回の年末年始は、日本百名山の一つである祖母山(標高1,756m)で過ごすことになりました。

服装ですが、娘のスピードで歩く冬山では、全く汗をかかないので、私のトップスは、メリノウールインナー→ダウンジャケット→ウィンドシェル、ボトムスはメリノウールタイツ→トレッキンングパンツです。

娘は、モンベルのインナー上下にユニクロで買った1200円くらいの中綿ジャケットとモンベルのトレッキングパンツ、そしてスカート(寝るときもパジャマの上にスカートを重ね着するこだわり)。

子供ってほんと寒さに強いですね。。。

現在、北谷登山口は工事のため、その2キロ手前の一の鳥居から車両通行止めとなっており、通常よりも無駄に(子供の足では40分〜50分)歩かなければならず、9合目まではトータル5時間くらいかかりました。

画像右側の地面に鹿の足跡!

9合目のテント場へ続く小道。ここまで来る間にたくさんの動物の足跡をみました。そして鹿に計4頭出会いました。

ここに寝ます。
夕飯は、カレーメシとどん兵衛のそば。

山小屋には、たくさんの方が宿泊されていました。薪ストーブもありとても暖かいところでしたが、私たちはテント泊。

ご飯を食べたら寒くてすることもないので、翌朝の初日の出に備えて、20時半過ぎにはシュラフにもぐり、寝ました。

テント場にはあと3張りくらいテントがあったかな。

翌朝、7時過ぎの日の出に間に合うようにと、山頂に向かいましたが、娘がいるので間に合わず・・・。ですが、美しい景色は十分堪能することができました。大満足です。

雲海と初日の出。

下山時は雪も降っていたので寒いし、お腹も空いて大変だったろうと思いますが、娘は本当によく頑張りました。

しりとりをしたり歌を歌ったり、よくわからない言葉遊びやゲームをしながら元気に登りきった娘のたくましさに、我が子ながら、またまた感心しました。

今年も幸先良いスタートとなり、嬉しい限りです。

本年も、みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

鹿児島遠征のはなし(大浪池〜韓国岳登山&キャンプ)

少し前の話になりますが、家族で鹿児島へ遠出してきました。

初日は午前中から出かけて、宮崎のえびの高原にあるキャンプ場で一泊し、翌早朝、車で10分くらいのところにある大浪池登山口から入山。

どんぐりがたくさんありました。
崖の上から大浪池を覗き込む。スリル満点!!
池の向こう側にそびえ立つのが目標の山「韓国岳」

登山口からこの池まで来るのに、1時間近くかかったでしょうか。少し疲れた様子の娘に、

「今からあの山に登るんだよ〜」

と、父の声。

娘は一瞬、えっ?!嘘でしょう?!という顔をしましたが、いつものこと。

どんぐりだらけの獣道をしりとりしながら2時間くらい歩いて、やっと韓国岳麓。

山頂近くはこんな岩だらけの登りづらい斜面
振り返れば、さっきの大浪池が!美しい〜〜〜!!

娘も、「えっ?!こうねちゃん、あそこからきたの?!」となんども振り返りながら興奮気味。疲れてるのに、ついつい急いで登ってしまいます。

山頂で記念写真

風が強く、少し寒かったけど、とても良いお天気で気持ちが良かったです。

山頂でお昼ご飯を食べたり撮影したり、で、1時間近く休憩したかな?

帰りも足がガクガクしながら一生懸命下山しました。

朝7時に出発して4時過ぎに戻ったので、トータル9時間くらいは山の中にいたのではないでしょうか。

娘のペースに合わせて歩くので、私たちは時間がかかりましたが、山歩きに慣れた大人の足ならその半分くらいの道のりだと思います。アップダウンもそこまでないし、道も綺麗なので家族でハイキング、オススメですよ^^


えびの高原キャンプ村

私たちはテント泊でしたが、施設も綺麗なところでしたよ!野生の鹿がそこらにいるし、すぐ隣に温泉のある宿泊施設もあるし、アイススケート場もあるし、季節問わず色々楽しめそうです。また行きたいな〜。

指宿休暇村 キャンプ場

登山をした日の夜は、指宿のキャンプ場でテント泊。私たちだけしかおらず、貸切状態。ここでも車で1〜2分のところにある温泉宿泊施設で温泉に入って疲れを癒し、テントに戻って簡単な夕飯を済ませ、おつまみ&ビールを飲みながらみんなでUNOとトランプをして過ごしました。楽しいひと時。

朝のおさんぽ

 

最終日は、鹿児島市内に住む大好きなお友達と駅前でランチして、お宅訪問。少し遊んで、家路に着きました。

とっても楽しい家族旅行となりました。

 

糸島の十坊山登山&七ツ釜でキャンプ

先日、とても久しぶりに登山とキャンプをしてきました。

この夏くらいから、家族全員多忙になっていたのでなかなか行けていませんでした。これから紅葉が楽しめるとてもいい季節になるので、忙しさを緩めて行楽を楽しめたらいいなと思います。

コンクリートの舗装路では愚痴が多かった娘も、山道に入ると途端に元気になる
そっくりな親子。
低山でしたが、結構疲れました・・・
万歳!
景色もいいよ!
運動後はしっかり食べて!

帰りの下り、ヘトヘトになりながら頑張りました。

なんだかんだ言っても、バレエやってるし、身体的な成長もあるので足腰はますます強くなってきているように感じます。足元の危なっかしさが随分減りました。

母は、あなたの成長や変化を、いつもちゃんと細かく見ているよ!
頑張ったね^^

 

唐津へ移動し、夜は七ツ釜でキャンプ
娘、UNO初体験!
翌朝、七ツ釜周辺を散策

昼食は呼子でイカの活き造り定食
至福のとき

 

いい思い出になったね。

実りの秋到来、イノシシとのせめぎ合い。

今年は季節の移り変わりが前倒しし、梅雨明けも夏の終わりも、例年より1ヶ月ほど早く、あっという間に肌寒い季節になりましたね。

大きな台風も次から次へと発生し、落ち着かない毎日です。

さて、我がみもり自然農園は、というと、台風の影響はさほどないものの、この夏からイノシシが畑の周りを荒らしまくっていて、夏が終わる頃にはとうとう畑の中に侵入してきました。

サツマイモなど美味しい実のなる作物の匂いを嗅ぎつけてきたのでしょう。

相方のM和ちゃんが一生懸命ネットの下側にブロックを乗せたり、獣が嫌う植物(唐辛子、紫蘇、ハーブなど)を周りに植えたりして、対策してくれました。

バジルとチェリートマト
左上から時計回りに、野生の花、チェリートマト、紫蘇とバッタ、綿花
左上から時計回りに、小かぶ、ツルムラサキ、唐辛子、あずき(多分)

植物の力ってすごいですね。

あれだけイノシシに踏み荒らされてサツマイモの畝はめちゃくちゃだったのに、またたくさんの芽が成長して実を生らすなんて!

見てごらんなさいよ、この健気な姿!(赤枠がサツマイモ)

それもこれも、M和ちゃんの献身的なお世話のおかげかな。(私は近頃、草刈りと収穫くらいしかしていないような気がする・・・汗)

 

畑全体を遠くから見渡せば、放置の末、荒らしてしまっているようにも見えますが、結構頻繁に様子を見に行ったり、こまめに整えようとしたりしていて、一応ちゃんと元気に生きています。

川口由一さんのような絵画的センスがあれば、自然農の畑ももっと美しい形になるのだと知っていますが、ペーペーの素人にはそこまで考えられないのが実情。

この畑を作って、もうすぐ一年。(荒地の開墾の巻

元はこんな荒地

まだまだな私たちですが、この畑への愛着はしっかり持っています。

だから、イノシシさん、もう来ないでください!


川口さんの著書で参考にしているのがこれらの本です。


洗剤を使わない生活を目指して

マハラニのハーブシャンプー香る髪

いずれ山の中で生活をすることを目標に、少しずつ準備を進めている我が家です。

その一つとして、私はできるだけ洗剤を使わないように努めています。

食器洗い・・・アクリルたわしやマイクロファイバータオルを使ってお湯か水洗い。落ちにくい油汚れには、まずシリコン製のスクレーパーを使ってお皿の汚れををぬぐってからお湯、それでお落ちない場合はセスキ炭酸ソーダをスプレーする。

洗濯・・・ベビーマグちゃんを使用。皮脂よごれ、食べこぼしなどの油汚れはセスキにしばらく浸し手洗い後、洗濯。

お風呂掃除・・・アクリルたわしで十分。

シャンプー・・・最近ですが、ハーブシャンプーに変えました。使い心地はすごくいい!スッキリ気持ち良い。これを使っていくとそのうち湯シャンで済むようになっていくらしい。(いきなり湯シャンだとやっぱり髪がごわつく・・・^^;)

 

これだけでも、我が家から排水口に流れていく洗剤がかなり減ったと思います。
そしてもう洗剤を買わなくて済むので、かなり節約できるし、もし自然災害に遭って、シャンプーできない状況に陥っても、ストレスを感じることもない。

「必要としない」ってことがどれほど気楽か。

執着から解き放たれる感じです。

 


一年に一回買い換える程度でOK!洗剤・柔軟剤いらず!

マハラニの洗髪ハーブ「シシカイ」

春はたけのこ、山菜でデトックス!

春ですね〜。暖かい日が続いています。

と、思えば、先週末は急激な冷え込みで、井原山に山菜とりに行ってきたのですがなんと雪!!

ワラビ!
ワラビは天ぷらと炊き込みご飯に、ゼンマイはナムルにしていただきました!

そして、別の日にはお友達の実家の裏の竹やぶでタケノコ掘り!

どーん!
たくさん掘りました!
水煮、アク抜き
ある日の食卓に

こうやって自分たちで収穫したものを調理していただくのは本当に嬉しく楽しいことです。

何よりスーパーで売っているものとは比べ物にならないくらい、味が濃厚で、新鮮で、柔らかくて美味しい。こういうものを食べると体が喜んでいるのがわかります。

娘にもできるだけこういう本物の素材の味を知っていてほしいなあ〜と感じながら(子供がこのむ味ではないのですが。)、楽しんで料理しています。

次の収穫は、自然農で育てている畑の野菜。楽しみだなあ〜。

 

まだ人生の半分も生きていない!

今日で40歳を迎えましたが、私は100歳まで元気に生きて、死を迎えるその時まで自分の足で歩いていたいと思っています。

そう考えると、まだこの人生の半分も生きておらず、生まれてからこれまでの時間よりももっと長い時間を有しているわけで、これからこれまでしてきたことよりももっともっとたくさんのことができる!んですよね。すごい!

とはいえ、これまでと変わらず、今この瞬間を確実にコツコツと進んでいくだけなのですけど。

いくつになっても、常に人生の先輩方に色々なことを学んで、時には指導を受けながら、誠実に努力していけたらいいなと思います。

芥屋海水浴場にて

そして、自然の営みに逆らわず、家族全員が健康で、生きている楽しさを感じ続けていられることが何よりの願い。

那珂川町の中ノ島公園。川に流れる桜の花びらが美しいです。

私たち家族と関わっているたくさんの人たち、いつもありがとう!

これからもお互いに助け合いながら、面白おかしく生きていきましょう。

雪遊びにおすすめ!那珂川町の隆岳散歩と基山で雪そり

先日、那珂川町にある低山「隆岳」へ雪山登山してきました。

標高は660mと小さいので、娘には最後まで頑張ってもらうつもりでキャリアは無し。

今回のメンバーは、南畑エリアで私も大好きな場所「花と珈琲 ホキ」の主人ミツコさんの旦那さんである濱さん(イラストレーター)と夫と娘と4人です。

那珂川町の山である成竹山と隆岳の登山口がある駐車場にて
比較的登りやすい登山道
先頭を歩かなければモチベーションが下がる娘

山頂近くは、急登で滑りやすいのでご注意ください
文句を言いながらも最後まで頑張りました。
山頂で飲む熱くて甘いココアが美味しかったね

この後、成竹山側から下山。

雪がとっても綺麗で気持ちが良かったです。